矢内原勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矢内原 勝(やないはら・かつ、1926年3月13日 - 2003年11月27日)は、日本経済学者慶應義塾大学名誉教授

来歴[編集]

矢内原忠雄の三男として東京に生まれる。哲学者の矢内原伊作は兄。東京府立第一中学校を経て1947年に慶應義塾大学経済学部に入学。山本登に師事する。1950年に卒業し、副手として開発経済学の研究に着手。1991年に慶應義塾大学名誉教授。東京大学経済学部に入る学力はあったが、父の忠雄と東京大学との関係の悪化により慶應義塾大学へ進学した。船田元は、矢内原ゼミ出身。敬虔な無教会のクリスチャン。多くの弟子を育て上げた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 低開発国の輸出と経済開発、東洋経済新報社、1965
  • 金融的従属と輸出経済 慶應義塾経済学会経済学研究叢書、日本評論社、1966
  • 近代化の条件 日本の立場・低開発国の立場、ダイヤモンド社、1970
  • 世界経済 歴史・理論・現状、文真堂、1994

共著[編集]

編著[編集]

関連項目[編集]