矢吹慶輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

矢吹 慶輝(やぶき けいき、1879年(明治12年)2月13日 - 1939年(昭和14年)6月10日)は、日本の宗教学者、社会事業家。

福島県出身。旧姓は佐藤。号は隈渓。東京帝国大学卒。宗教大学(現大正大学教授となり、欧米に留学敦煌出土の仏典を研究、1925年「三階教之研究」で学士院恩賜賞受賞。勤労児童のための三輪学院を創設、東京市社会局長。1939年、狭心症のため死去[1]

長男は弁護士の矢吹輝夫(1926-2006)[2]

著書[編集]

  • 『阿弥陀仏の研究』丙午出版社、1911 のち明治書院臨川書店
  • 『三階教之研究』岩波書店、1927
  • 『新日本と思想問題』新更会刊行部、1932
  • 『燉煌出土古写仏典に就いて』岩波書店、1932
  • 『思想の動向と仏教』大雄閣、1933
  • 『覚聖法然』金孝敬訳 覚聖法然刊行会、1934
  • 『三階教に就いて』東方書院 日本宗教講座、1934
  • 『日本精神と日本仏教』仏教聯合会、1934
  • 『現代人と仏教』青年仏教叢書 東京帝大仏教青年会編 三省堂、1936
  • 『思想と生活 隈渓雑叢』明治書院、1940
  • 『社会思想と信念』明治書院、1940
  • 『病間雑記』矢吹輝夫、1940
  • 『近代宗教思想論考』明治書院、1944 隅渓叢書
  • 『法然上人』矢吹法律事務所、1988
  • マニ教と東洋の諸宗教 比較宗教学論選』佼成出版社、1988

[編集]

  • 『英国博物館所蔵スタイン写本写真帳』編 啓明会事務所、1924
  • 『英国博物館蔵燉煌出土古写仏典ロートグラフ略目』編 啓明会事務所、1925
  • 『法然上人』編 岩波書店、1932
  • 『鳴沙余韻 燉煌出土未伝古逸仏典開宝』編著 岩波書店、1930-33 のち臨川書店

[編集]

  • 『國譯一切経 印度撰述部 釋經論部 7 大東出版社、1930-
  • 『國譯一切経 印度撰述部 大集部 4-5 成田昌信、望月信亨共譯 大東出版社、1930-

参考[編集]

[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁
  2. ^ 『人事興信録』1995