矢富勇毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
矢富 勇毅 Rugby union pictogram.svg
Yuki Yatomi 2018d.jpg
秩父宮ラグビー場
(2018年8日撮影)
基本情報
生年月日 (1985-02-16) 1985年2月16日(34歳)
出身地 日本の旗 京都府京都市
身長 1.72 m (5 ft 7 12 in)
体重 82 kg (12 st 13 lb)
学校 京都成章高校
大学 早稲田大学
愛称 ヤッツ
親族 矢富洋則
選手情報
ポジション スクラムハーフ
アマチュア
チーム
2000-2003
2003-2007
京都成章高校
早稲田大学
クラブ
チーム 出場 得点
2007- ヤマハ発動機
スーパーラグビー
チーム 出場 得点
2016-2017 サンウルブズ 15 (10)
更新日 2018年5月7日
国代表
チーム 出場 得点
2006-  日本 16 (15)
更新日 2018年5月7日
■テンプレート

矢富 勇毅(やとみ ゆうき、1985年2月16日 - )は、日本ラグビー選手2019年現在、トップリーグヤマハ発動機ジュビロに所属する。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

京都成章高校では2年次に花園[2]3年次には国体に出場した。高校ではバックスのポジションをすべてこなしたことがある。お笑い芸人の藤本淳史田畑藤本)と高道淳史(プリンセス金魚)は高校の同期。

当時早稲田大学監督の清宮克幸監督が高校時代の矢富選手を見て、京都成章の監督に「あいつにスクラムハーフをやらせてみてくれ」と言い、スクラムハーフでプレーしたところ、清宮監督が「早稲田に来たら歴史に残るスクラムハーフになる」と思ったほど印象的なプレーヤーだった。

高校卒業後は、清宮監督との縁もあり早稲田大学に進学。進学後はおもにスクラムハーフとして活躍。高校時代にフルバック、早稲田大学でもセンタースタンドオフをたまにこなし、バックスであればどこでも出来るという、すごく器用な選手である。3年生からスクラムハーフのレギュラーとなり、今までのスクラムハーフの概念を覆すような、奇想天外なプレーをする。なおラグビー選手の今村雄太曽我部佳憲首藤甲子郎菅野朋幸種本直人茂木隼人は大学の同期。

「自らサイドを仕掛けたり、どこからでも突破していくので、フォローにつくのが大変だった」と、元早稲田キャプテンの佐々木隆道は語っている。

2007年ヤマハ発動機に入社。[3]同年に行われるワールドカップの最終メンバーにも選ばれ、初戦のオーストラリア戦に試合出場を果たした。

2015年ラグビーワールドカップ2015のバックアップメンバーに選出された。[4]また同年12月にはスーパーラグビーの日本チームサンウルブズ2016年スコッドに入った。[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]