矢山有作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
矢山 有作
ややま ゆうさく
生年月日 1924年1月1日
出生地 岡山県津山市
没年月日 (2017-03-27) 2017年3月27日(93歳没)
出身校 中央大学法学部
前職 国家公務員 (会計検査院)
所属政党 日本社会党

選挙区 旧岡山1区
当選回数 2回
在任期間 1976年12月9日 - 1986年6月2日

選挙区 岡山県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1962年7月8日 - 1974年7月7日
テンプレートを表示

矢山 有作(ややま ゆうさく、1924年1月1日 -2017年3月27日[1])は、日本政治家。元衆議院議員参議院議員日本社会党中央執行委員教宣局長、衆議院石炭政策特別委員長を務めた。

来歴[編集]

岡山県津山市小桁に生まれる。津山商業学校(現岡山県立津山商業高等学校)1949年中央大学法学部卒業。会計検査院事務官となる。1951年に退職後、津山市議、岡山県議を1期経て[2]1962年第6回参議院議員通常選挙岡山県選挙区に出馬し、トップ当選。参議院社会労働委員長などを歴任し、2期務めた[3]。その後1976年第34回衆議院議員総選挙黒田寿男の後継として出馬し、当選した。3年後の第35回選挙では次点で落選したが、翌年のハプニング解散による第36回選挙で復帰、2期務めた。その後1986年第38回選挙に落選し、1988年春政界を引退。日本社会党中央執行委員・教宣局長、衆議院石炭対策特別委員長なども歴任。

その後は市民運動家としてライフワークでもある日本原駐屯地問題をはじめ、国鉄労働問題や苫田ダム反対運動、平和問題、などに取り組み、9条を守る活動など護憲派として活躍。過去には平和・民主・革新の日本をめざす全国の会(全国革新懇)代表世話人等も務めていた。

2017年3月27日、胃がんにより死去[3]

人物[編集]

津山市議会議員金田稔久は双従兄にあたり、金田後援会親族会代表も務めていた。

新東京国際空港(現・成田国際空港)の一坪共有地の名義人の1人であった[4]

脚注[編集]

  1. ^ “元社会党衆院議員の矢山有作さん死去”. 朝日新聞. (2017年4月25日). http://www.asahi.com/articles/ASK4T5VWZK4TUTFK017.html 2017年4月25日閲覧。 
  2. ^ ここまでの経歴は、『昭和37年版 参議院要覧(丙)』(参議院事務局)P227の記載内容に基づく。
  3. ^ a b 日本経済新聞朝刊 2017年4月26日
  4. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。