矢島晶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やじま あきこ
矢島 晶子
プロフィール
愛称 あっこ[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本新潟県柏崎市[2][3]
生年月日 (1967-05-04) 1967年5月4日(52歳)
血液型 B型[4]
身長 153 cm[4]
職業 声優
事務所 フリーAIR AGENCYと業務提携)
配偶者 なし(結婚歴あり)
活動
活動期間 1988年 -
デビュー作 (『ロジャー・ラビット』)
※テレビアニメ・デビュー作:
田村えり子(『アイドル伝説えり子』)
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

矢島 晶子(やじま あきこ、1967年5月4日[2] - )は、日本女性声優新潟県柏崎市出身。淑徳短期大学卒業。身長153cm。血液型はB型。フリーAIR AGENCYと業務提携)。日本芸術専門学校特別講師。

人物・経歴[編集]

新潟県柏崎市生まれ、2歳か3歳のころに家族で引っ越した神奈川県川崎市で育つ[3]

演劇に興味を持った経緯は、小学校5~6年の時のクラブ活動で、演劇クラブで初めて演劇に触れ、「とても引っ込み思案で、小さい頃からからかわれたりもしていたものの、演技をしてる時は自分じゃないものなれることが楽しい」と感じたことがきっかけだった[3]

以降、小学校から短大まで演劇部に所属していた。中学生の頃より、劇団の養成所に通ってアルバイトをしながら舞台俳優を目指そうと考えていたが、父親に反対されて短大まで進学した[3]

高校卒業後は、社会福祉に興味があったことから、淑徳短期大学・社会福祉学科へ進学。保育士の資格を取得する。在学当時は社会福祉の仕事に就くことを考えていたが、障害者施設や保育所での実習を通して、「ここに私が入っても役に立たない」と思い諦めた[3]

短大卒業後は和菓子屋「とらや」へ正社員として就職し、本店で店頭販売員をしていた。入社2年目半ほど経ってから、劇団青年座の夜間養成コースに通い始める。当初は「趣味でもいいから」と思っていたが、「やっぱりお芝居が好きかも知れない」と考えを改めた。青年座の研究生の試験に受かるつもりで、とらやを退職したが、その試験には落ちてしまった[3]

途方に暮れていたところ、青年座の夜間コースの講師だった演出家が、個人的に教室を開くということを聞き、とらや銀座店の喫茶室でアルバイトをしながら参加。当時は小劇団ブームで、友人が所属していた劇団に「1度でいいからお客さんの前で演技をしてみたい」と頼み込み、舞台出演することになった[3]。そうして長島雄一(現:チョー)の娘役として舞台に立ち、長島を観に来ていたぷろだくしょんバオバブマネージャー(当時)兼声優のたてかべ和也の目にかかりスカウトされた。

オーディションを経てテレビアニメ『アイドル伝説えり子』の主人公・田村えり子役で声優デビューすることになった。えり子役が決まったあと、たてかべの計らいでマイクワークに慣れるため、声優の学校へ連れられるなどの練習の場が与えられた。そして、機内版『ロジャー・ラビット』の収録スタジオへ連れられて、端役として初めてアフレコに参加した。そのため、声優としてのデビュー作は『ロジャー・ラビット』となる[3]

なお声優デビューし『アイドル伝説えり子』に出演後も2・3年、とらやでのアルバイトを続けていた[3]

クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役を1992年4月放送開始から26年3ヶ月にわたって担当していたほか、『ホーム・アローン』シリーズ(ケビン)や『スター・ウォーズ エピソードI』(アナキン・スカイウォーカー)、『シックス・センス』(コール)など、子役吹き替えを多く担当している。

また、原恵一監督作品の常連でもあり、原も藤原啓治共々「いつも僕の作品にご出演頂いています」とコメントしている。また、『百日紅~Miss HOKUSAI~』での矢島の演技に関して「男の子の声は天才的にうまかった」と評価している[5]

2010年4月をもってぷろだくしょんバオバブを退所し、現在はフリーで活動。2015年9月1日より、AIR AGENCYと業務提携を行っている[6]

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第16位に選ばれる[7]

逸話[編集]

子供の頃から芝居が大好きで舞台女優を目指しており、中学時代に『ガラスの仮面』を読んで北島マヤ演劇への情熱に強く共感し、憧れた。

子供の頃に見たアニメは、『デビルマン』『タイムボカンシリーズ』、『はじめ人間ギャートルズ』など[3]

声優、ナレーターである矢島正明と同姓のため、声優業界では姓で呼ばれることは少ない。愛称も名前に由来する。

デビュー初期[編集]

声優としてのデビューのきっかけになった、『アイドル伝説えり子』の田村えり子役のオーディションに受かった理由は、「マイクの乗りがとてもよかった」とのことだが、一方で「業界一小さい声」とも言われたという[3]

『アイドル伝説えり子』の田村えり子役のオーディションに受かり、声優の勉強をしていたある日、たてかべ和也に「矢島行くぞ」と言われ、機内版『ロジャー・ラビット』の収録スタジオへ連れて行かれた。矢島は見学するものだと思っていたが、いきなり台本を渡されてペンギンなどの端役を振られ、初めてアフレコに参加することになった。しかし、多くの人がいるスタジオの中で、自分の役が回ってきてもマイクに上手く立てず、監督に怒られたり周りに迷惑をかけることになり、帰る頃には泣いてしまった[3]

『アイドル伝説えり子』での声の芝居には不慣れだったが、えり子の母親役であり、矢島と同じ事務所(当時)の先輩だった滝沢久美子からブレスや立ち位置などアドバイスを受け、一年間えり子の声を演じきった[3]

なお、えり子の歌を担当する田村英里子のレコード音源が使えず、矢島が歌唱しなければならないシーンがあったが、「自分の歌が下手(歌うと半音上がっていたり下がっていたりする)」という理由から嫌っていた。しかし、それでも収録しなければならず、居残りをしたこともあった。また、えり子のライバルである、朝霧麗の歌を担当した橋本舞子のライブへ、音響監督に連れられて見学したこともある[3]

とらやの正社員を辞めて、声優としてデビューしたことは、父親に内緒だった。だがある時、親戚が父親に対し、矢島が声優をしていることを話してバレてしまった。父親から怒られたものの、矢島は父親の涙を見て謝った。その後、『クレヨンしんちゃん』での出演を通して、父親から認められるようになった[3]

クレヨンしんちゃん[編集]

『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけの演技と声は、1992年のアニメ開始当初は独特の抑揚が無く、発声自体もかなり高音であった。1993年頃を境に徐々に現在の声に変わっていった。現在のような演技に変化した理由は、原作の作風の変化を受けてアニメも徐々に演技が変化していったからである[8]。矢島自身も演技の変化に途中で気付き、音響監督に「1回目と今とでは全然違うんですけど大丈夫ですか?」と訊いたが、「大丈夫です!」と軽く言われたので、「そういうものなのか」と思うようにした[3]

なお、初期から存在する、しんのすけの特徴的な笑い方は、矢島の弟を真似している[3]

2018年6月1日、テレビ朝日は同年6月29日の放送を最後に矢島がしんのすけ役を降板すると発表した[9][10]。矢島本人からの申し出があり、番組の制作スタッフと協議を重ねた結果、降板が決定した。矢島は次のようにコメントを寄せた。

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。

理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

— 矢島晶子[11]

矢島はクレヨンしんちゃんの収録後は確実に声が荒れるため、その直後は別作品のオファーが来ても断らざるを得ないとも明かしていた[12]

テレビ朝日は2018年6月14日、しんのすけ役の後任に小林由美子が決定したことを番組サイトにて発表した。小林は7月6日放送分から担当している[13]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

劇場アニメ[編集]

1990年
  • ヘヴィ(メアリー・ベイリー)
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

OVA[編集]

1989年
1990年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
  • 銀河お嬢様伝説ユナ〜深闇のフェアリィ〜(香坂エリカ)
  • 同級生2(舞島可憐)
1997年
1998年
2000年
2001年
2002年
2008年
2009年
  • 学校が怖い(夢子)
  • 懺・さよなら絶望先生 番外地(新井智恵、糸色倫)

Webアニメ[編集]

2012年
2016年
2017年

ゲーム[編集]

1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
  • スーパーロボット大戦V(吉永サリー)
  • クレヨンしんちゃん 激アツ! おでんわ〜るど大コン乱!(しんのすけ〈野原しんのすけ〉
2018年
2019年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

時期不明
  • 遥かなる夢 ニューヨーク物語(トーマス)
1988年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
  • 小さな恋のものがたり(デイブ
  • チャーリーはスーパーカー(フェリックス
  • ジャングルの少女タイナ(タイナ
  • ジャングルの少女 タイナ2 みんなで守る森(タイナ
  • バットマン・ビギンズ(ブルース〈少年時代〉)※テレビ版
  • ブラッド・ワーク(レイモンド)※テレビ版
  • hotel(イレーネ
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2016年
  • ZOOMBIE ズーンビ(ティア〈ララ・ネスター〉)
2018年

ドラマ[編集]

1995年
  • Xファイル(ティナ・シモンズ〈イヴ9号〉/シンディ・リアドン〈イヴ10号〉、マイケル・マースデン)※ソフト版
  • フルハウス(テディ)
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2005年
2006年
2007年
2009年
  • ER緊急救命室(14thシーズン)(ジョシュア・リプニッキ〈マイルズ・ハイザー〉)
2010年
2011年
2014年
2015年

アニメ[編集]

時期不明
  • 白くまになりたかった子ども(ちびくま)※ 仏・デンマーク合同制作アニメ
  • トムとジェリー キッズ(パーシー)
  • ひとりぼっちのショーン(ショーン)※ 英BBCでクリスマスに放映された短編アニメ
1992年
1998年
2001年
  • キャスパーのクリスマス(キャスパー
2005年
2008年
2009年
2010年
2013年
2014年
2017年

映画[編集]

2006年

ラジオ[編集]

CMナレーション[編集]

のはらしんのすけ関連[編集]

そのほかのCM[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

のはらしんのすけ名義[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 用例: 田中敦子 (2009年3月3日). “『クレイマー、クレイマー』!!!”. 田中敦子のCafe*Central Park. 2012年2月12日閲覧。
  2. ^ a b 矢島晶子のアニメキャラ・最新情報まとめ”. アニメイトタイムズ. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 取材・文:村山章 (2016年12月22日). “インタビュー#49 ホーム・アローン 矢島 晶子”. 吹替の帝王. 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン. 2017年1月28日閲覧。(インタビュー:2015年7月23日、『ホーム・アローン〈日本語吹替完全版〉コレクターズ・ブルーレイBOX』封入の「インタビュー集」からの抄録)
  4. ^ a b 矢島晶子”. AIR AGENCY. 2019年8月21日閲覧。
  5. ^ 入野自由さんが美青年・吉弥役で、原恵一監督作品に初出演! Production I.G制作の長編アニメ『百日紅(さるすべり)』矢島晶子さん・藤原啓治さんの出演も決定”. アニメイトタイムズ. 2019年2月19日閲覧。
  6. ^ 【業務提携のお知らせ】フリーランスの声優「矢島晶子」と業務提携いたします。”. AIR AGENCY. 2015年9月1日閲覧。
  7. ^ 声優200人が本気で選んだ「声優総選挙2017」結果発表 - アニメイトタイムズ
  8. ^ 対談集『山寺宏一のだから声優やめられない!』より。
  9. ^ アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんの降板について|クレヨンしんちゃん”. www.tv-asahi.co.jp. 2018年6月1日閲覧。
  10. ^ 『クレヨンしんちゃん』しんのすけ役・矢島晶子が降板発表 「声を保ち続ける事が難しく」 オリコン 2018年6月1日。
  11. ^ “【矢島晶子 コメント全文】野原家から離れることに致しました”. Sponichi Annex. (2018年6月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/01/kiji/20180601s00041000168000c.html 
  12. ^ アニメ「クレヨンしんちゃん」しんのすけ役・矢島晶子が降板 本人から申し出 スポーツニッポン 2018年6月1日。
  13. ^ 「クレしん」"シロ"がシロの飼い主に!? しんのすけ新声優・小林由美子さんにTwitterの反応は? アニメ!アニメ! 2018年6月14日、同21日閲覧。
  14. ^ ユリシーズ31”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  15. ^ クッキングパパ”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  16. ^ 声の出演&スタッフ”. クレヨンしんちゃん. 2016年6月10日閲覧。
  17. ^ 花の魔法使いマリーベル”. KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年7月2日閲覧。
  18. ^ この回では、野原しんのすけの物真似をする少年も演じている。
  19. ^ PRODUCTS”. 新機動戦記ガンダムW. 2017年4月16日閲覧。
  20. ^ CHARACTERS KOHARU - HOTTA”. プリンセスナイン. @nifty AnimeFan. 2017年3月9日閲覧。
  21. ^ 神風怪盗ジャンヌ”. 東映アニメーション. 2016年6月20日閲覧。
  22. ^ 新白雪姫伝説プリーティア”. メディア芸術データベース. 2016年9月24日閲覧。
  23. ^ 巌窟王”. GONZO公式サイト. 2016年5月15日閲覧。
  24. ^ メインキャスト”. サンライズ「ケロロ」. 2014年3月23日閲覧。
  25. ^ 電脳コイル”. マッドハウス. 2016年6月25日閲覧。
  26. ^ キャシャーン Sins”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  27. ^ BSフジ等で放映。製作:宮城県、アニメーション制作:旭プロダクション田代島を舞台にした、およそ5分の短編。キャストは矢島と藤田昌代の2名のみで、セリフはなく鳴き声のみで感情を表現している。DVD化されているが、宮城県内の図書館などでの貸出や館内視聴のみとなっている。
  28. ^ CAST&STAFF”. TVアニメ「FAIRY TAIL」公式サイト 2014年4月よりテレビ東京系にてアニメ放送決定!!. 2014年1月9日閲覧。
  29. ^ Episode”. LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月7日閲覧。
  30. ^ アニメ『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』公式サイト”. 2013年7月26日閲覧。
  31. ^ 2015年8月14日放送。
  32. ^ STAFF & CAST”. 「牙狼 -紅蓮ノ月-」GAROアニメシリーズ第2弾!. 2015年9月1日閲覧。
  33. ^ スタッフ・キャスト”. PEANUTS スヌーピー -ショートアニメ. 2015年10月1日閲覧。
  34. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ「ひなろじ 〜from Luck & Logic〜」公式サイト. 2017年5月6日閲覧。
  35. ^ キャスト”. TVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイト. 2018年11月14日閲覧。
  36. ^ ものがたり”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲. 2001年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  37. ^ VAMPIRE HUNTER D”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  38. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦. 2002年10月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  39. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード. 2003年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  40. ^ スタッフ”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ. 2004年8月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  41. ^ スタッフ”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!. 2006年8月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  42. ^ Colorful”. メディア芸術データベース. 2016年11月29日閲覧。
  43. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  44. ^ しらんぷり”. アニメミライ[ animemirai ]. 2012年3月5日閲覧。
  45. ^ 『アニメミライ2014』3作品のボイスキャスト発表!”. アニメミライ. 2013年12月3日閲覧。
  46. ^ キャラクター”. 映画「GAMBA ガンバと仲間たち」公式サイト. 2015年7月17日閲覧。
  47. ^ 公式サイト”. 映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  48. ^ 入野自由さんが美青年・吉弥役で、原恵一監督作品に初出演! Production I.G制作の長編アニメ『百日紅(さるすべり)』矢島晶子さん・藤原啓治さんの出演も決定”. アニメイトTV. 2015年3月5日閲覧。
  49. ^ “「薄墨桜 -GARO-」追加キャスト8名発表、桂正和がムビチケ特典描き下ろし”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年6月11日). https://natalie.mu/eiga/news/286175 2018年6月11日閲覧。 
  50. ^ 歴代55人のプリキュアが集結!15周年映画は「オールスターズメモリーズ」”. マイナビニュース (2018年6月17日). 2018年6月18日閲覧。
  51. ^ 映画『バースデー・ワンダーランド』オフィシャルサイト”. ワーナー・ブラザース. 2019年2月19日閲覧。
  52. ^ “からくりの君”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=115 2016年5月5日閲覧。 
  53. ^ 登場人物 ソノ他のヒトビト”. あかやあかしやあやかしの 公式サイト. 2013年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  54. ^ キャラクター”. クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!. 2013年11月21日閲覧。
  55. ^ 週刊少年ジャンプ 2014年37・38合併号』397頁。
  56. ^ 『ブレイブリーセカンド』で土林誠氏による新キャラ・アヤメ(ウィザード)&クー・フーリン(チャリオット)の声優公開”. 電撃オンライン. 2015年3月27日閲覧。
  57. ^ 『グラブル』×『ふたりはプリキュア』コラボイベントは10月14日より開催”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2018年10月5日). 2018年10月5日閲覧。
  58. ^ 製品情報”. フェニックス・エンタテインメント. 2017年10月1日閲覧。
  59. ^ インデペンデンス・デイ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月13日閲覧。
  60. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  61. ^ “『ルイスと不思議の時計』吹き替えを高山みなみさん、松本梨香さん、矢島晶子さん、本名陽子さんが担当! コメントも到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年8月17日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1534466772 2018年8月17日閲覧。 
  62. ^ トム・クルーズと峰不二子が共演!? レゴ映画に声優大集結……鈴木おさむ監修”. Yahoo!ニュース. 2014年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月18日閲覧。
  63. ^ ピエール瀧&川栄李奈「KUBO クボ」日本語吹き替え版キャストに決定!”. 映画.com. 2017年10月18日閲覧。