矢島純吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YAJIMA Junkichi.jpg

矢島 純吉 (やじま・じゅんきち)(1865年12月16日慶応元年10月29日〉 – 1924年大正13年〉5月15日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将[1]山形県出身[1]

奈良県大和(おおやまと)神社の神職となり、「大和史料」の編纂に携わった後、生地である酒田市の上日枝神社社司を務めた斎藤美澄(さいとう・よしずみ)は実兄に当たる。(荘内日報社「郷土の先人・先覚 74」より)

人物[編集]

1886年(明治19年)12月7日、海軍兵学校(12期)卒業。1888年(明治21年)海軍少尉に任じられ比叡分隊士となる。以後、佐世保海兵団分隊長心得(海軍中尉)、海軍兵学校水雷術教官(海軍大尉)、横須賀水雷団第1水雷艇隊艇長(海軍少佐)佐世保水雷団佐世保水雷敷設隊司令(海軍中佐)、舞鶴水雷団長(海軍大佐)等を歴任。1911年(明治44年)12月1日、海軍少将に昇進し第5代海軍水雷学校校長に補される。同職を3年ほど務め待命、1915年(大正4年)12月1日、海軍中将に任じられるが、同日付けで予備役編入。1921年(大正10年)10月20日、後備役編入。1924年(大正13年)5月15日 卒去。

経歴[編集]

  • 1886年(明治19年)12月7日 - 海軍兵学校(12期)卒業[1] 1988年(明治21年)に江田島に移転する海軍兵学校は、当時築地にあった。卒業式には明治天皇も臨席した。卒業生19名の首席は江頭安太郎で、矢島純吉は9番の成績だった。同年2月から286日をかけて軍艦筑波に乗艦し、ニュージーランド、オーストラリア、ハワイを巡った卒業前の遠洋航海練習について、江頭安太郎が天皇の御前で演述を行った。同期には山屋他人、有馬良橘等がいて、後に江頭安太郎の三男と山屋他人の五女が結婚し、孫には文芸評論家であった江藤淳、曾孫には皇后雅子さまがいる。卒業式の様子については「時事新報 明治19年12月8日号」、江頭安太郎の演述内容については「同 12月9日号」を参照。
  • 1888年(明治21年)
  • 1888年(明治21年)4月9日 - 補 日進分隊士 兼 航海士[4]
  • 1889年(明治22年)
    • 6月6日 - 補 満珠分隊長心得[5]
    • 8月2日 - 海軍大学校丙号学生[6] 「丙号学生とは、兵学校の卒業生が実習訓練を経た後、少尉として入る半年間の過程。」[7]
  • 1890年(明治23年)3月25日 - 補 筑波分隊士
  • 1891年(明治24年)
  • 1892年(明治25年)
    • 6月29日 - 補 筑波分隊長心得
    • 12月21日 - 任 海軍大尉、補 海軍兵学校水雷術教官 兼 監事
  • 1893年(明治26年)12月20日 - 補 海軍兵学校水雷術教官 兼 副官
  • 1894年(明治27年)12月5日 - 補 呉水雷隊攻撃部艇長
  • 1895年(明治28年)
  • 1896年(明治29年)
  • 1897年(明治30年)
    • 5月14日 - 補 呉鎮守府水雷庫主管 兼 仮呉兵器製造所検査主幹
    • 5月25日 - 補 呉鎮守府水雷庫主管 兼 呉海軍造兵廠検査科主幹
  • 1898年(明治31年)
    • 2月22日 - 任 海軍少佐
    • 3月8日 - 補 横須賀水雷団第1水雷艇隊艇長
    • 6月28日 - 補 横須賀水雷団第1水雷艇隊艇長 兼 水雷艇不知火回航委員長
    • 10月19日 - 補 横須賀水雷団第1水雷艇隊艇長 兼 水雷艇雷回航委員長
    • 10月28日 - 補 竹敷要港部水雷艇隊艇長 兼 水雷艇夕霧回航委員長
  • 1899年(明治32年)
  • 1900年(明治33年)
  • 1901年(明治34年)10月1日 - 補 佐世保水雷団佐世保水雷敷設隊司令
  • 1902年(明治35年)
    • 2月13日 - 補 高千穂副長
    • 6月21日 - 免職 高千穂副長、待命。但シ横須賀ニ滞在スベシ[9]
    • 12月15日 - 補 大湊水雷団水雷敷設隊司令
  • 1903年(明治36年)8月17日 - 補 佐世保水雷団第1水雷艇隊司令
  • 1904年(明治37年)9月11日 - 佐世保鎮守府附
  • 1905年(明治38年)
  • 1905年(明治38年)
  • 1906年(明治39年)11月22日 - 補 大湊要港部参謀長[1]
  • 1908年(明治41年)2月20日 - 補 出雲艦長
  • 1910年(明治43年)
  • 1911年(明治44年)
  • 1914年(大正3年)12月1日 - 待命[1]
  • 1915年(大正4年)12月1日 - 任 海軍中将、予備役編入[1][13]
  • 1921年(大正10年)10月20日 - 後備役編入

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『帝国海軍将官総覧』150項
  2. ^ 『官報』第1362号「叙任及辞令」1888年1月17日。
  3. ^ 『官報』第1362号「叙任及辞令」1888年1月17日。
  4. ^ 『官報』第1432号「叙任及辞令」1888年4月12日。
  5. ^ 『官報』第1780号「叙任及辞令」1889年6月7日。
  6. ^ 『官報』第1833号「叙任及辞令」1889年8月8日。
  7. ^ 日本海軍はなぜ敗れたのかー連合艦隊誕生から敗戦までの軌跡ー. 徳間書店. p. 30. 
  8. ^ 『官報』第2256号「叙任及辞令」1891年1月9日。
  9. ^ 『官報』第5689号「叙任及辞令」1902年6月23日。
  10. ^ 『官報』第8121号「叙任及辞令」1910年7月18日。
  11. ^ 『官報』第8314号「叙任及辞令」1911年3月13日。
  12. ^ 『官報』第8373号「叙任及辞令」1911年5月23日。
  13. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。
  14. ^ 『官報』第2276号「叙任及辞令」1891年2月3日。
  15. ^ 『官報』第2875号「叙任及辞令」1893年2月1日。
  16. ^ 『官報』第3725号「叙任及辞令」1895年11月27日。
  17. ^ 『官報』第4436号「叙任及辞令」1898年4月18日。
  18. ^ 『官報』第5131号「叙任及辞令」1900年8月9日。
  19. ^ 『官報』第6494号「叙任及辞令」1905年2月25日。
  20. ^ 『官報』第8021号「叙任及辞令」1910年3月23日。
  21. ^ 『官報』第813号「叙任及辞令」1915年4月21日。
  22. ^ 『官報』第1024号「叙任及辞令」1915年12月29日。
  23. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  24. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1895年12月30日。
  25. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。

参考文献[編集]

  • 官報
  • 『帝国海軍将官総覧』太平洋戦争研究会