矢川元基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

矢川 元基(やがわ げんき、1942年10月24日 - )は日本の工学者、工学博士。佐賀県鹿島市出身[1]

人物[編集]

徳島県立城南高等学校を経て、東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。東京大学大学院教授、東洋大学教授、原子力安全研究協会理事長、日本学術会議会員、日本応用数理学会、日本シミュレーション学会会長、IACM(国際計算力学連合)会長、韓国成均館大学校ワールドクラスユニヴァーシティ教授等を歴任。

現在、東京大学名誉教授、東洋大学名誉教授、原子力安全研究協会会長、IACM(国際計算力学連合)理事、東京理科大学客員教授。日本機械学会、日本シミュレーション学会、日本計算工学会およびJACM(日本計算力学連合)名誉会員。ASME(米国機械学会)、IACM(国際計算力学連合)、日本応用数理学会および日本原子力学会フェロー。

研究成果の産業界への応用にも精力的に取り組んでおり、東大発ベンチャーのプロメテック・ソフトウェア株式会社の顧問等を務めている。

2009年に日本学士院賞受賞。チェロを趣味としている。

略歴[編集]

  • 1970年4月 東京大学講師
  • 1971年4月 東京大学助教授
  • 1984年4月 東京大学教授
  • 1998年4月 東京大学評議員
  • 2004年6月 東京大学名誉教授
  • 2004年4月 東洋大学教授
  • 2005年7月 東洋大学計算力学研究センター長
  • 2013年6月 東洋大学名誉教授

その他の職歴として

受賞・栄誉[編集]

  • 1974年3月 日本高圧力技術協会論文賞
  • 1975年4月 日本機械学会賞論文賞
  • 1982年4月 日本機械学会賞論文賞
  • 1984年3月 日本高圧力技術協会科学技術賞
  • 1987年4月 日本機械学会創立90周年記念功労者賞
  • 1990年6月 ASME(米国機械学会)圧力容器・配管系部門優秀論文賞
  • 1990年9月 CRAY(クレイ)ギガフロップス賞
  • 1992年11月 日本機械学会計算力学部門功績賞
  • 1995年8月 ICCM(国際計算力学学会)ゴールドメダル賞
  • 1996年9月 日本応用数理学会論文賞
  • 1997年6月 日本シミュレーション学会論文賞
  • 1997年7月 日本機械学会創立100周年記念功労者賞
  • 1998年10月 科学技術庁長官賞
  • 1998年3月 日本原子力学会論文賞
  • 2004年9月 APACM(アジア太平洋計算力学連合)計算力学賞
  • 2004年9月 IACM(国際計算力学連合)計算力学賞
  • 2004年7月 日本機械学会材料力学部門功績賞
  • 2004年9月 日本計算力学連合日本計算力学賞
  • 2004年3月 日本原子力学会計算科学技術部会功績賞
  • 2004年9月 APACM(アジア太平洋計算力学連合)シニア研究者賞
  • 2005年6月 日本溶接協会業績賞
  • 2007年12月 APACM(アジア太平洋計算力学連合)Zienkiewiczメダル賞
  • 2007年7月 内閣総理大臣表彰
  • 2007年2月 日本溶接協会原子力研究委員会功績賞
  • 2008年7月 IACM(国際計算力学連合)賞
  • 2009年3月 東レ科学技術賞
  • 2009年6月 日本学士院賞
  • 2009年11月 日本溶接協会創立60周年記念表彰
  • 2010年6月 ルーマニア・イアシ工科大学名誉博士
  • 2017年4月 瑞宝中綬章

参照[編集]

  1. ^ 日本学士院賞授賞の決定について