矢沢正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
矢沢 正雄 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Masao YAZAWA [1][2]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技短距離走
種目 200m
大学 専修大学
生年月日 (1915-05-15) 1915年5月15日
生誕地 神奈川県
没年月日 (2004-12-11) 2004年12月11日(89歳没)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

矢沢 正雄[注釈 1](やざわ まさお、1915年5月15日 - 2004年12月11日)は、日本の陸上競技短距離走)選手。

生涯[編集]

旧制鎌倉中学校(現在の鎌倉学園高等学校)卒業後[3]専修大学に入学[3]

1935年、日本陸上競技選手権大会の男子200mで優勝(21秒8)。

1936年ベルリンオリンピック日本代表選手となり、男子200メートル競走400メートルリレー走に出場[4][5]。予選通過はならなかった[5]

1937年、日本陸上競技選手権大会で100m・200mの2種目で優勝。

1939年、専修大学は箱根駅伝を制覇したが、この時の陸上競技部主将が矢沢である[5]。また、日本学生陸上競技対校選手権大会の200メートル競走での記録は、2005年時点でも専修大学記録として残っていた[5]

備考[編集]

ベルリンオリンピックから帰国後は、自宅前が観光名所になるほどの人気を集めたという[5]

女優原節子との関係でも知られる[6][7]。1936年、『新しき土』撮影のためドイツに向かうことになった原に、矢沢がドイツ事情についてアドバイスした矢沢のがきっかけで、矢沢の出征中も文通は続いた[6][7]。しかし、矢沢の父が結婚に猛反対し、関係は潰えたという[6][7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本陸連などは「矢沢」表記であるが[1]、「矢澤」表記もある。

出典[編集]

  1. ^ a b Japanese Delegation of Athletics Team : Rio de Janeiro 2016 (PDF) 」、日本陸上競技連盟、2016年、2019年10月16日閲覧。
  2. ^ BUNTA SUZUKI”. IOC. 2019年10月16日閲覧。
  3. ^ a b 箱根路駆けぬけた"S"マーク ニュース専修ウェブ版2005年01月号 (pdf)”. 専修大学. 2019年10月16日閲覧。
  4. ^ "Masao Yazawa Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2017年7月9日閲覧
  5. ^ a b c d e オリンピック出場者 夏期大会”. 専修大学. 2019年10月16日閲覧。
  6. ^ a b c 元木昌彦. “原節子「片目が見えないのよ」突然引退は白内障のため?アップ多く目に強いライト!”. J-CASTニュース. 2019年10月16日閲覧。
  7. ^ a b c 【「原節子」の後半生】浮かんでは消えた「小津安二郎」「三船敏郎」「マッカーサー」……プロデューサーとの逢引きをセット! 喫茶店ボーイの証言”. 週刊新潮. 2019年10月16日閲覧。