矢筈岳 (熊本県水俣市・鹿児島県出水市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
矢筈岳
矢筈岳 展望所.jpg
矢筈岳の展望所からは、水俣市出水市天草の島々の景色が見られる
標高 687.0 m
所在地 日本の旗 日本
熊本県水俣市
鹿児島県出水市
位置 北緯32度07分22秒
東経130度24分02秒
座標: 北緯32度07分22秒 東経130度24分02秒
矢筈岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

矢筈岳(やはずだけ)は、熊本県水俣市鹿児島県出水市とにまたがる標高687.0mのである。

山頂には矢越神社が鎮座しており、山麓の加紫久利神社によって管理されている。この矢越神社の例祭と加紫久利神社の春祭とが同じ3月4日であることから両社の間には何らかの関係があったとも考えられるが、現在しかとした伝承は伝わっていないものの、加紫久利神社は『式内社調査報告』によると、大宝2年(702年薩摩建国と同時に肥後国境にそびえる加紫久利山の山麓に宇佐の3女神を移祭したものであるとされており[1]、また加紫久利山神体とする山岳信仰から始まった神社であったとも考えられていることから、この矢筈岳は、古く[いつ?]加紫久利山と呼ばれていたといわれている。

概要[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『角川日本地名大辞典46鹿児島県』

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典46鹿児島県』、角川書店、昭和58年