矢部金太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

矢部 金太郎(やべ きんたろう、生年不明- 1976年[1]は、日本の都市計画家建築家。旧建築会館や田園調布駅の設計で知られる。第2次世界大戦後は、郷里で町会議員等を務めた。

来歴[編集]

作品[編集]

  • 田園調布駅 1924年(大正13年) 東京都大田区田園調布。平成になって駅地下化のため撤去され、外観が復元された
  • 多摩川園(園内デザイン)
  • 川奈ホテル(インテリア)[6]高橋貞太郎設計のホテル
  • 渋沢秀雄邸 1924年(大正13年) 東京都大田区田園調布。あめりか屋が施工担当
  • はいばらビル 1927年(昭和2年) 日本橋。中村直次郎と共同、復興建築助成株式会社で建設
  • 旧建築会館 1930年(昭和5年) 銀座。コンペ当選案、実施設計を復興建築助成株式会社で行う。1982年に取り壊し。現在の建築会館に、一部部材(装飾)が保存されている
  • 泰明商会 1930年(昭和5年) 東京都中央区銀座[7]
  • 芝本龍平邸 1935頃、東京都大田区田園調布
  • 犬丸邸 1936年(昭和11年) 東京都大田区田園調布
  • 篠原千三郎邸 東京都大田区田園調布
  • 相良町立相良中学校校舎 静岡県相良町(現牧之原市
  • 相良町大江区公会堂 静岡県相良町

脚注[編集]

  1. ^ 「続・生き続ける建築―7 高橋貞太郎」 - INAX REPORT No.185、7頁
  2. ^ 絵画館は設計コンペで当選した小林正紹(大蔵省)の案がもとになっている。佐野利器の指導のもと高橋貞太郎(明治神宮造営局技師)が設計をまとめ、後任の小林政一が引き継いで完成させた。
  3. ^ 藤谷陽悦「旧建築会館沿革録 (建築学会と建築会館)」建築雑誌 98(1209), 1983年7月号
  4. ^ 新市庁舎の建設予定地は月島であったが、実現しなかった。[1]
  5. ^ 「続・生き続ける建築―5 渡辺 仁」 - INAX REPORT No.183、p16。
  6. ^ ザ・クラシック・オブ・プリンスホテルズ - プリンスホテルズ&リゾーツ公式サイト
  7. ^ 『日本近代建築総覧』1982年発行による記載。取り壊され、現在の建物は1991年(平成3年)に竣工している。

関連項目[編集]

  • 高橋貞太郎 - 矢部と同時期に、明治神宮造営局と復興建築助成株式会社に在籍。