矢野暢生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
矢野 暢生
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県今治市
生年月日 1952年
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢野 暢生(やの のぶお、1952年 - )は、愛媛県今治市出身の元アマチュア野球選手(投手)である。

人物・来歴[編集]

今治西高等学校では2年生時、1969年夏の甲子園予選北四国大会準決勝に進むが、高松商大北敏博に完封負けを喫する。その後も県予選で敗れ甲子園には出場できなかった[1]

早稲田大学に進学。東京六大学野球リーグでは1972年春季リーグから登板。3年生からエースとなり楠城徹鈴木治彦鍛治舎巧ら強力打線の援護もあって、1973年春季リーグで4年ぶりの優勝に貢献[2]。同季のベストナインに選出され、第2回日米大学野球選手権大会日本代表となる。大会では2試合に先発、第5戦では完投勝利を飾った。翌1974年春季リーグで優勝、2度目のベストナインに選出された。直後の全日本大学野球選手権大会は、決勝で駒大を降し優勝[2]。同年の第3回日米大学野球選手権大会日本代表にも選出されている。リーグ通算31試合登板、17勝4敗、防御率1.23、83奪三振。大学同期に四番打者の前川善裕、投手の佐藤守らがいた。

卒業後は社会人野球日本生命に進む。エースの岡田和久とともに投手陣を支え、1975年第2回社会人野球日本選手権大会では準決勝に進むが、北海道拓殖銀行に敗退[3]1978年都市対抗では2回戦で先発し、日本鋼管の木田勇と投げ合うが敗戦投手となる[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「私の野球人生」矢野暢生 今治ロータリークラブ週報 2002年6月
  2. ^ a b 東京六大学野球連盟(記録)」(一財)東京六大学野球連盟
  3. ^ 「日本社会人野球協会会報1975」日本社会人野球協会 1976年
  4. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]