矢頭教兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

矢頭 教兼(やとう のりかね、貞享3年(1686年) - 元禄16年2月4日1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士赤穂浪士四十七士の一人。通称右衛門七(えもしち)。四十七士の中では大石良金に次いで若年であり、母妹の世話に苦難したことで知られる。『仮名手本忠臣蔵』の佐藤与茂七(さとう よもしち)のモデルとなった。

生涯[編集]

貞享3年(1686年)、赤穂藩浅野家家臣・矢頭長助(勘定方)の子として播磨国赤穂に生まれる。母は播磨国姫路藩松平家(松平直基)家臣の中根弥兵衛の女子。幼名は亀之丞(かめのじょう)。

元禄14年(1701年)3月、主君・浅野長矩吉良義央に刃傷に及んだ時、教兼はまだ家督前の部屋住みだった。4月19日には赤穂城が開城されたが、父はその後も大石良雄のもとで藩政残務処理にあたった。残務処理が終わった後、矢頭一家は6月4日に大坂堂島へ移ったが、この頃から父は病に冒され寝たきりになったため、元禄15年(1702年)1月の赤穂旧臣による山科会議や7月の円山会議には17歳の教兼が父親の代理として出席している。

同年8月15日、父が病床に教兼を呼び、くれぐれもその遺志を継いでくれるよう嘆願しつつ死去。討ち入りに加わるためには、残される母と妹3人をどこかに預けなければならなかった。教兼は母と妹を連れて大坂を出ると、母の実家がある陸奥国白河藩(祖父の仕える松平家はこの地に転封となっていた)へと向かったが、旅慣れない少年だった教兼は母子の女人通行手形を用意していなかったため、東海道荒井関所を通過することができず、大坂へ帰って知人に母子を預けた。

9月に千馬光忠間光興らとともに江戸へ入り、南八丁堀で潜伏生活をする。

討ち入り事件時[編集]

吉良邸討ち入り時は表門隊に属し奮戦。事件後、三河岡崎藩水野忠之の芝中屋敷にお預けとなり、元禄16年2月4日に水野家家臣・杉源助の介錯で切腹した[1]。享年18。他の浪士とともに主君・浅野長矩と同じ芝泉岳寺に葬られた。法名は刃擲振劔信士。また、大阪市北区堂島の浄祐寺には父と共に墓が存在し、教兼の顕彰碑も建てられている。碑は元は別の場所に建てられていたが、破損したため幕末に再建され、さらに同寺に移された。

討ち入り時は父の戒名を懐に忍ばせていたと伝わる。また、美少年であったとされ、討ち入り後に世間に「義士の中に男装の女がいた」という噂話が流れたとも伝わる。


事件後[編集]

この討入りののち、右衛門七父子やその家族の苦難が世間に知られるようになり、母と妹3人は奥州白河藩(松平基知)の親族・矢頭庄左衛門に迎えられた。のちに長妹が多加谷致泰(奥州白河藩松平家家臣)、次妹が多加谷勝盛(多加谷致泰の男子)、三妹が柳沢家の家臣山村氏にそれぞれ嫁いでいる。母も娘達の嫁ぎ先の多加谷家で暮らした。

なお、『忠臣蔵』を題材にした物語では、右衛門七/与茂七の家族は母だけの場合が多く、息子の足手まといになることを嫌って母が自害して果てるという筋書きに脚色されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ 源助は後に、愛知県岡崎市にある菩提寺「大林寺」に右衛門七の供養塔を立てて菩提を弔ったという。

関連項目[編集]