短歌研究新人賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

短歌研究新人賞(たんかけんきゅうしんじんしょう)は、短歌の新人賞。

短歌研究社の発行する月刊短歌総合誌「短歌研究」が毎年公募する未発表三十首の中から選ばれる。例年の締め切りは6月1日、受賞作および選考結果は「短歌研究」誌の9月号に掲載され、授賞式は同じく短歌研究社が主催する「短歌研究賞」「現代短歌評論賞」と一緒に9月下旬に行われる。

短歌研究新人賞の第1回は1958年だが、その前に「短歌研究50首詠」として1954年から5回の歴史があり、編集長の中井英夫の単独選考のもと中城ふみ子、寺山修司らが受賞している。

歴代受賞作と受賞者[編集]

  • 第1回50首詠 1954年 「乳房喪失」 中城ふみ子
  • 第2回50首詠 1954年 「チェホフ祭」 寺山修司
  • 第3回50首詠 1955年 「白い海」 原幸雄
  • 第4回50首詠 1956年 「海の中を流るる河」 小崎碇之介
  • 第5回50首詠 1957年 「漂泊家族」 大寺龍雄
  • 第1回(新人賞に改称) 1958年 「人像標的」 山下富美
  • 第2回 1959年 「春の風車」 山口雅子
  • 第3回 1960年 「黴びる指紋」 横田正義
  • 第4回 1961年 「ほそき結実」 大竹蓉子
  • 第5回 1962年 「夜光虫」 根布谷正孝
  • 第6回 1963年 「砂漠」 井野場靖
  • 第7回 1964年 「島」 児島孝顕
  • 第8回 1965年 「杣部落」 森富男
  • 第9回 1966年 「海浜」 大坪三郎、「往反」 大塚栄一
  • 第10回 1967年 「大久野島にて」 藤原弘男
  • 第11回 1968年 「冬街」 森川久、「南を指す針」 林田鈴
  • 第12回 1969年 「浅峡」 大原良夫
  • 第13回 1970年 「消光」 林市江
  • 第14回 1971年 「山の上の学校」 板橋功枝
  • 第15回 1972年 「入換」 外山覚治
  • 第16回 1973年 「故郷の牛乳」 高橋一子
  • 第17回 1974年 「花房の翳」 佐藤孝子
  • 第18回 1975年 「歩行訓練」 西田忠次郎
  • 第19回 1976年 「蜂場の譜」 城島久子
  • 第20回 1977年 「青いセーター」 西田美千子
  • 第21回 1978年 「水の中のフリュート」 井辻朱美
  • 第22回 1979年 「紫木蓮まで」 阿木津英
  • 第23回 1980年 「炎祷」 中山明
  • 第24回 1981年 「細き反り」 奈賀美和子
  • 第25回 1982年 「刺青天使」 大塚寅彦
  • 第26回 1983年 「反・都市論」 武下奈々子
  • 第27回 1984年 「不確カナ記憶」 小笠原和幸
  • 第28回 1985年 「白日光」 池田はるみ
  • 第29回 1986年 「スモール・トーク」 加藤治郎
  • 第30回 1987年 「青年霊歌」 荻原裕幸、「貴妃の脂」 黒木三千代
  • 第31回 1988年 「私小説8(曲馬団異聞)」 佐久間章孔
  • 第32回 1989年 「時間(クロノス)の矢に始めはあるか」 久木田真紀
  • 第33回 1990年 「ラジオ・デイズ」 藤原龍一郎、「ようこそ!猫の星へ」 西田政史
  • 第34回 1991年 「微熱海域」 尾崎まゆみ、「路程記」 野樹かずみ
  • 第35回 1992年 「カウンセリング室」 佐藤きよみ、「白球の叙事詩(エピック)」 大滝和子
  • 第36回 1993年 「陸封魚-InlandFish」 寺井淳、「ミラクル・ボイス」 小泉史昭
  • 第37回 1994年 「白木蓮(はくれん)の卵」 松村由利子、「弱法師」 尾形平八郎
  • 第38回 1995年 「ギャザー」 田中槐、「キホーテの海馬」 近藤達子
  • 第39回 1996年 「啓かるる夏」 横山未来子
  • 第40回 1997年 「神聖帝国」 岡田智行
  • 第41回 1998年 「フライング」 千葉聡、「緑のテーブル」 石井瑞穂
  • 第42回 1999年 「麦酒奉行」 長江幸彦
  • 第43回 2000年 「冥王に逢ふ-返歌」 紺野万里
  • 第44回 2001年 「逃げ水のこゑ」 小川真理子
  • 第45回 2002年 「琥珀」 八木博信
  • 第46回 2003年 「星と切符」 黒田雪子
  • 第47回 2004年 「ペイルグレーの海と空」 嵯峨直樹
  • 第48回 2005年 「麦と砲弾」 奥田亡羊
  • 第49回 2006年 「カシスドロップ」 野口あや子
  • 第50回 2007年 「六千万個の風鈴」 吉岡太朗
  • 第51回 2008年 「冬の火」 田口綾子
  • 第52回 2009年 「ナガミヒナゲシ」 やすたけまり
  • 第53回 2010年 「死と放埓な君の目と」 山崎聡子、「ロックン・エンド・ロール」 吉田竜宇
  • 第54回 2011年 「見つけだしたい」 馬場めぐみ
  • 第55回 2012年 「ハッピーアイランド」 鈴木博太
  • 第56回 2013年 「目覚めればあしたは」 山木礼子
  • 第57回 2014年 「父親のような雨に打たれて」 石井僚一
  • 第58回 2015年 「さなぎの議題」 遠野真
  • 第59回 2016年 「いつも明るい」 武田穂佳
  • 第60回 2017年 「無垢な日本で」小佐野彈
  • 第61回 2018年 「この人を追う」工藤吉生、「自習室出てゆけば夜」川谷ふじの[1]
  • 第62回 2019年 「ルーズリーフを空へと放つ」郡司和斗、「拡張子になる」中野霞

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最年少受賞(受賞時17歳9か月)。武田穂佳(18歳9か月)、寺山修司(18歳11か月)、野口あや子(19歳4か月)がそれに次ぐ。