短距離秩序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

短距離秩序(たんきょりちつじょ、Short range order、SRO)短距離の原子間の秩序のことである。具体的には、最近接原子数(最も近い原子の数)、原子間の結合距離、原子間の結合角が秩序立った値を示すことを指す。結晶では、長距離秩序、短距離秩序両方とも存在するが、アモルファスガラスなど)では短距離秩序のみがほぼ成り立っている。

関連記事



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
堺雅人 砂川事件 高須克弥 草刈麻有 棚橋弘至 谷まりあ 市原悦子 第100回全国高等学校野球選手権記念大会 菅野美穂 小川龍也 常田富士男 草刈正雄 紅蘭 フリーゲージトレイン アンディ・マレー 結核 ユニバーサルエンターテインメント 長山洋子 宮沢りえ 森田剛
「短距離秩序」のQ&A
1  液晶とアモルファスの違い
2  微結晶、ガラス、アモルファスの違いは?
3  再度スピン系について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について