短距離秩序

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

短距離秩序(たんきょりちつじょ、Short range order、SRO)短距離の原子間の秩序のことである。具体的には、最近接原子数(最も近い原子の数)、原子間の結合距離、原子間の結合角が秩序立った値を示すことを指す。結晶では、長距離秩序、短距離秩序両方とも存在するが、アモルファスガラスなど)では短距離秩序のみがほぼ成り立っている。

関連記事



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
中村光宏 安藤百福 前田亜季 坂下麻衣 井沢八郎 嵐 (グループ) 田辺晋太郎 工藤夕貴 小泉純一郎 賀来賢人 小島奈津子 北野日奈子 田中みな実 大久保利通 岩井志麻子 米津玄師 西郷隆盛 武田真治 生野陽子 清塚信也
「短距離秩序」のQ&A
1  液晶とアモルファスの違い
2  微結晶、ガラス、アモルファスの違いは?
3  再度スピン系について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について