矮人嗜好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

矮人嗜好(わいじんしこう、Microphilia)とは、相対的に自分より小さな人間に対する性的嗜好である。ここで言う「小さな」は「背の低い」あるいは「ミニチュアサイズ」の両方の意味を含む。必ずしも巨大嗜好Macrophilia)の対義語ではない。

対象が小人ないし何らかの要因により縮小された人間(いわゆるシュリンカー)の場合は、丸呑み嗜好(Vorarephilia)や異物挿入(Insertion fantasy)と関連付けられる場合も少なくない。

関連項目[編集]