石の血脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石の血脈』(いしのけつみゃく)は、半村良SF伝奇小説。1971年に刊行された。

あらすじ[編集]

ある気鋭の建築家が、妻の不審な動きに気づく。そして、妻が他の男に抱かれる現場を見てしまう。彼は、そこから、美男美女たちの快楽の宴の世界に巻き込まれる。これに、吸血鬼伝説や狼男伝説などが絡んで、事態は思わぬ方向に進む。

受賞[編集]

1972年 第3回星雲賞(日本長編部門)受賞