石上勝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
石上勝男
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
別名 勝雄、堅魚
官位 正五位上式部大輔
主君 元正天皇聖武天皇
氏族 石上氏
父母 父:石上麻呂
兄弟 東人、勝男乙麻呂、諸男、大島、国盛
真足、乙名
テンプレートを表示

石上 勝男(いそのかみ の かつお)は、奈良時代貴族。名は勝雄堅魚とも記される。左大臣石上麻呂の子か。官位正五位上式部大輔

経歴[編集]

養老2年(718年)兄(もしくは叔父、従兄弟)の石上豊庭が没すると、石上氏を代表する立場となり、翌養老3年(719年従六位下から四階昇進して従五位下叙爵する。

神亀元年(724年聖武天皇大嘗祭が行われた際には、兄弟と見られる石上乙麻呂・石上諸男や榎井大島らと内物部を率いて神楯を斎宮の南北二門に立てる[1]。この儀式は物部系の職掌であり[2]、父・麻呂も持統4年(690年)に神楯を立てている。神亀3年(726年)従五位上、天平3年(730年正五位下に進み、天平8年(736年)正五位上に至る。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:石上麻呂[4]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:石上真足[4]
    • 男子:石上乙名[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』神亀元年11月23日条
  2. ^ 榎井氏も石上氏と同じく物部氏系の氏族。
  3. ^ 宝賀[1986: 1116]
  4. ^ a b c 鈴木真年『諸系譜』第16冊,物部朝臣

参考文献[編集]