石上継足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
石上継足
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下主税頭
主君 光仁天皇
氏族 石上氏
父母 父:石上宅嗣
兄弟 継足、宅子?
宅人
テンプレートを表示

石上 継足(いそのかみ の つぐたり)は、奈良時代貴族大納言石上宅嗣の子。官位従五位下主税頭

経歴[編集]

宝亀3年(772年)正月3日に無位から従五位下叙爵[1]。同年4月20日に主税頭に任ぜられた[2]

しかし、官位は従五位下・主税頭に終わり、一時期中央貴族として栄えた石上氏も衰退した。

系譜[編集]

  • 父:石上宅嗣
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:石上宅人

脚注[編集]

  1. ^ 続日本紀』宝亀3年正月3日条
  2. ^ 『続日本紀』宝亀3年4月20日条