石井七歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石井 七歩(いしい なほ、 (1991-03-16) 1991年3月16日(28歳)-)は、日本の女性現代美術家芸術家東京都生まれ。芸術系の高校を中退後に多摩美術大学に入学して数ヶ月で中退し、アーティスト集団「旅団」の結成と解散を経てフリーランスに転向した。

人物[編集]

2010年頃より、自身が生まれ育った江戸川区団地の記憶を元に[1]、現在のスタイルである都市と自然を融合させたドローイングを中心に作品制作を行い始めた。様々なパーツを積み上げて、自動筆記的に描く手法を取っている。表現の幅を拡げるため、ドローイングのみならず、造形デジタル絵画などにも挑戦している。

16歳のときに芸術系の高校に進学するも、高校3年生の3学期に「どうしても、これ以上我慢できなくなって」高校を中退した。その後、多摩美術大学に進むも、違和感を抱き、1か月で学校に見切りをつけ、3~4か月後には退学する[1]。代わりにアーティスト集団の旅団を結成して団長を務め、団長として組織を成長させながら数々の作品制作を行った。組織としての行き詰まりを感じ、自らの判断で旅団を解散させた後は、セルフプロモーションによるフリーランスとして活動中である。

SNSを前提として個人で戦略的に活動を展開し続けており、先鋭的な感覚を持つ鑑賞者から、徐々にではあるが注目される。現在は、SNS上の特徴的な活動により、各種メディアにおいて「SNS時代のアーティスト」と言った謳い文句でも紹介されている。

2017年にはRerearealismというアトリエを拠点に活動していたが後に閉業した[2][3]。2010年の活動開始時より、長らくモノクロの絵画を描いていたが、2018年頃から赤色を多用し始めた。

主な参加展覧会[編集]

個展[編集]

  • 2016年 ブロークン・トーキョー : 再構築の街 /中銀カプセルタワービル(東京)[9]
  • 2017年 NAHO ISHII ARCHIVES EXHIBITION /Rerearealism 地下ギャラリー(東京)[10]

 脚注[編集]

  1. ^ a b “【2017年に読まれたイチオシ記事】「500年後に友達を作りたい」 美大を3か月で中退後、街を描き続ける20代女性アーティスト”. 朝日新聞デジタル. (2017年12月28日). https://www.asahi.com/and_M/20171219/148333/ 2017年12月30日閲覧。 
  2. ^ 「500年後に友達を作りたい」 美大を3か月で中退後、街を描き続ける20代女性アーティスト” (日本語). 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム). 2019年4月12日閲覧。
  3. ^ Rerearealism” (日本語). Rerearealism. 2019年4月12日閲覧。
  4. ^ 表参道GYREにて3.11以後の日本を考える「超群島 - HYPER ARCHIPELAGO -」展が開催
  5. ^ 青森県立美術館オフィシャルページ 常設展+特別展示「超群島 -ライト・オブ・サイレンス」
  6. ^ VOCA展2013
  7. ^ 街中で夜通し芸術のお祭り 東京・六本木で「アートナイト」
  8. ^ INTERPRETATIONS, TOKYO17世紀絵画が誘う現代の表現 | 原美術館 | 東京都 > 品川区 > 北品川 / ARTLOGUE” (日本語). www.artlogue.org. 2019年4月12日閲覧。
  9. ^ ブロークントーキョー公式サイト
  10. ^ http://rerearealism.com/naho-ishii-archives-exhibition/

 外部リンク[編集]