石井三雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井 三雄
いしい さんゆう
生年月日 (1931-04-15) 1931年4月15日(88歳)
出生地 東京都狛江市

Flag of Komae, Tokyo.svg 東京都狛江市長
当選回数 3回
在任期間 1984年 - 1996年6月

当選回数 4回
在任期間 1971年 - 1984年
テンプレートを表示

石井 三雄(いしい さんゆう[1]1931年4月15日[1] - )は、日本政治家。元狛江市長(3期)、元狛江市議会議員(4期)。

概要[編集]

市長になるまで[編集]

東京都狛江市出身[1]1971年には狛江市議会議員に初当選し、以降4期16年務めた。その間には市議会議長も務めている。そして1984年、吉岡金四郎の後を引き継ぎ市長となった[2]

市長時代[編集]

市長時代には小田急電鉄複々線事業によって高架駅舎となるため、当時の市議(後の市長となる)矢野裕は議会で「車椅子利用者のためにエレベーターの設置すべき」という主張に対して、それに賛同して当時エスカレーターの設置で十分という考えだった小田急に対してエレベーター設置を要請した[3]。そのほかの取り組みは狛江駅北口整備、北口地下駐車場整備、災害対策、あいとぴあセンター建設などを積極的に推進した[4][5] 。しかしながらその影には市の借金を306億にまで膨れ上がらせてしまい、財政運営は厳しいものになってしまった[6]

バカラ賭博騒動[編集]

1996年6月12日、高木光市議会議長に突然、負債整理を理由に辞職願を出した[7]。十数年間韓国に通い、7万円するホテルに泊まり、カジノVIPルームで1枚14万円もするコインを数十枚も毎回掛けていた。逮捕される年では合計32日韓国に滞在しカジノで6000万円も使ったことで十数億円の負債を抱えてしまった[8][9]。さらには連帯保証人になっていたゴルフ用品、不動産、出版の会社倒産してしまったためであった[10]。今まであった土地が売り払われ、債権者である暴力団の脅迫に耐え切れなくなり失踪した[11]。それにより一時期市長不在になり、市が住民税などの滞納対策として石井の所有地の一部を差し押さえたり[12]給与返還を求め住民審査請求を市民クラブが行う事態になった[13]

その後[編集]

約一ヵ月後中部地方で出家して僧服姿となってマスコミの取材に応じ、市民に謝罪した[11]。その後、この件とは別の贈収賄容疑で逮捕された[14]。1998年に二審で懲役2年・追徴金400万円の判決が下り、服役した[15][16]

一方狛江市は日本共産党員である矢野裕が市長になり革新自治体になった。その後も野党が対立候補を出しても前市長の失態が原因で落選しており[17]、矢野裕が市長を退くまで続いた。その後、前狛江市議の田辺良彦が矢野市政の継承を掲げて立候補を表明したが[18]結果は東京都公園協会理事長を務めた高橋都彦民主自民公明生活者ネット推薦)が当選した[19][20]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『新訂 現代政治家人名事典―中央・地方の政治家4000人』34ページ(日外アソシエーツ、2005年) ISBN 4-8169-1892-2
  2. ^ 日刊SPA!カジノを巡る怪しき人達番外編2
  3. ^ 矢野ゆたかの公式HP 市議時代
  4. ^ 「市長への手紙」回答(平成19年2月分)
  5. ^ 狛江市災害対策 資料編 (PDF)
  6. ^ “「住民が主人公」全国へ発信 矢野市政の大黒柱―日本共産党の6氏必ず”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2003年4月25日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-04-25/04_01.html 2011年12月18日閲覧。 
  7. ^ “債務保証が重なり、辞職願を提出-石井三雄・狛江市長”. 毎日新聞(東京朝刊): p. 26. (1996年6月13日)  - 毎索にて閲覧
  8. ^ “韓国のカジノ通い10数年、バカラで借金30億円-行方不明の前狛江市長”. 毎日新聞(東京朝刊): p. 31. (1996年6月26日)  - 毎索にて閲覧
  9. ^ “前狛江市長、韓国カジノの上客”. 朝日新聞(東京朝刊): p. 14. (1996年6月25日) 
  10. ^ “負債整理、公務に支障”. 朝日新聞(東京朝刊): p. 13. (1996年6月13日) 
  11. ^ a b “緊急報告・とばく市長逃避行/上 “名家”3代目「世間知らず」-石井前狛江市長”. 毎日新聞(東京朝刊): p. 31. (1996年7月14日)  - 毎索にて閲覧
  12. ^ “前狛江市長所有地の一部、市が差し押さえ-住民税などの滞納対策に”. 毎日新聞(東京夕刊): p. 13. (1996年6月27日)  - 毎索にて閲覧
  13. ^ “給与返還求め住民審査請求”. 朝日新聞(東京朝刊): p. 14. (1996年6月29日) 
  14. ^ “バカラの次は収賄容疑…警視庁、石井三雄・前狛江市長を逮捕-公共事業で便宜”. 毎日新聞(東京朝刊): p. 27. (1997年2月4日)  - 毎索にて閲覧
  15. ^ “収賄の石井三雄・前狛江市長の控訴を棄却-東京高裁”. 毎日新聞(東京朝刊): p. 31. (1998年1月31日)  - 毎索にて閲覧
  16. ^ 「伊藤博一の事件の眼」第六回目
  17. ^ “[検証・共産市政](中)野党が舌まくしたたかさ”. 読売新聞(東京朝刊・都民版): p. 31. (2008年5月14日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/feature/tokyo231210610605279_02/news/20080514-OYT8T00099.htm 2011年12月18日閲覧。 
  18. ^ 狛江市長選:矢野裕狛江市長が引退、前市議の田辺良彦氏が後継で立候補表明”. k-oress news (2012年5月19日). 2012年7月10日閲覧。
  19. ^ 共産党員市長の後継候補敗れる 東京・狛江市長選”. 朝日新聞 (2012年6月25日). 2012年7月10日閲覧。
  20. ^ 狛江市長選、高橋氏が初当選 共産市政にピリオド”. 産経新聞 (2012年6月24日). 2012年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
吉岡金四郎
Flag of Komae, Tokyo.svg 狛江市長
1984年 - 1996年
次代:
矢野裕