石井亮次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いしい りょうじ
石井 亮次
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大阪府東大阪市
生年月日 (1977-03-27) 1977年3月27日(44歳)
身長 181 cm
血液型 O型
最終学歴 同志社大学文学部卒業
所属事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメント
職歴 中部日本放送(2000年4月 - 2014年3月)
CBCテレビ(2014年4月 - 2020年3月、分社化に伴う自動転籍)
活動期間 2000年 -
ジャンル 報道・情報系
公式サイト 石井亮次・ジャパン・ミュージックエンターテイメント
出演番組・活動
出演中ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜
出演経歴グッデイCBC
ユーガッタ!CBC
ツー快!お昼ドキッ
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

石井 亮次(いしい りょうじ、1977年3月27日 - )は、日本フリーアナウンサー、テレビ番組司会者(MC)。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(JME)所属。元中部日本放送CBCテレビアナウンサー。

来歴[編集]

生い立ち、教育、学生時代の経験[編集]

ガソリンスタンドを経営[1]する家庭の3兄弟の次男として、大阪府東大阪市で出生。実家が経営するガソリンスタンドでは、営業時間中に有線放送NHKラジオ第1放送毎日放送MBSラジオ)のラジオ番組が流されている。その影響で、石井自身も小学生時代からスポーツアナウンサーを志望。『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)のヘビーリスナーで、高校生時代には、ますだおかだがパーソナリティを務めていた水曜放送分のリスナー参加企画に電話で出演した。

同志社香里中学校・高等学校から同志社大学文学部へ進学。同志社大学への在学中には、毎日放送の本社に近いアナウンススクールにも通っていた。4年時(1998年)の就職活動で同局や宮根誠司が当時在籍していた朝日放送のアナウンサー職に応募したが、いずれも採用には至らなかった[2]。それでも大学に籍を置いたまま、翌1999年にも在・在・在各局のアナウンサー採用試験を受けた結果、テレビ・ラジオ放送事業を兼営していた中部日本放送(社名はいずれも当時)への入社内定を勝ち取った。2000年3月に、同志社大学を卒業。

職務経歴[編集]

2000年4月1日付で、アナウンサーとして中部日本放送に入社[t 1]。 スポーツ実況要員として採用されたが、実際に担当したのは入社後2年間のみ(詳細後述)で、以降はバラエティ番組から報道番組まで幅広く担当[3]。中部日本放送が加盟するJNNJRN系列局の優秀なアナウンサーを表彰するアノンシスト賞では、2003年度の第29回ラジオ「フリートーク部門」で最優秀賞、2005年度の第31回テレビ「フリートーク部門」で優秀賞を受賞。中部日本放送におけるテレビ・ラジオ放送事業の分社化に伴って、2014年4月1日付でCBCテレビへ自動的に転籍した[4]

2013年4月1日からは、CBCテレビ制作の情報番組『ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜[5]で総合司会を担当中[t 2]。その一方で、『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』(CBCテレビ)を担当していた2012年には、共演者の1人である友近からの推薦で『うもれびと』(フジテレビ系列局の一部で8月9日未明[t 3]に放送)に出演していた。

『ゴゴスマ』は、TBSテレビが同時ネットと制作への協力を開始した2015年度を境に、ネット局が徐々に増加。2021年4月改編の時点で、TBSテレビ系列28局中24局にまで達している。このように放送地域が拡大していることを背景に、同局やCBCテレビが制作する全国ネット番組や、ネット局で放送されている自社制作番組などにもCBCへの在職中から随時登場。2015年と2018年には『下町ロケット』、2017年には『陸王』、2018年には『ブラックペアン』(いずれもTBSテレビが「日曜劇場」向けに制作した連続ドラマ版)や『都庁爆破!』(同局が制作した1月2日放送の新春スペシャルドラマ)にも出演した。2018年には、自身初の著書『こんにちは、ゴゴスマの石井です』がワニブックスから発売されたほか、12月21日にCBCの主催で有料の単独トークライブへ初めて臨んだ。

2020年3月31日付でCBCテレビを退社したことを機に、翌4月1日からジャパン・ミュージックエンターテインメント(JME)所属のフリーアナウンサーへ転身。『ゴゴスマ』では、同日以降もフリーアナウンサーとして司会を続けている[6]

人物、パーソナルデータ[編集]

仕事の姿勢、今後の仕事の目標など[編集]

ゴゴスマの放送では毎回、生放送本番の7時間前の午前7時に自宅を出て、7時半頃には局入りし、8時から始まる第一回台本会議から参加。計3回も台本会議に参加するなど、準備を念入りに行う。ちなみに、ありがちな一般の番組司会者というのは、何度かある台本会議などをほとんど「ひとまかせ」にしてしまい参加せず、本番1時間前からようやく参加したりするものだが、石井はそのようなことをせず、本番6時間前の第一回台本会議から自分自身で出席し、過程もふくめてスタッフと共有するように心がけている[7](2020年9月3日放送「ダンナの昼顔」で密着取材を受け、司会業の舞台裏、日々ルーチンで行っていることを公開した。そこで第一回会議から参加する理由なども説明。)

石井は、上岡龍太郎横山ノックの永眠後(2007年6月7日)に「横山ノックを天国へ送る会」で述べた弔辞の読み方や間の取り方(当該項に詳述)を自身の司会業やフリートークの参考にしているという。上岡の弔辞の動画をYouTubeで繰り返し見てすっかり憶えており、そのまま完全に再現できるほどだという。

フリーアナウンサーへの転身直前から、『NHK紅白歌合戦』(NHK総合テレビ)の司会を目指していることを明言。その布石として、『うたコン』(NHK総合テレビの音楽番組)を毎週視聴しているという[8]

スポーツ実況の挫折[編集]

2021年3月13日放送の『サワコの朝』(毎日放送・TBSテレビ共同制作)にゲストとして出演。1985年に阪神タイガースがセントラル・リーグ優勝、日本一になったことに感激し、スポーツアナウンサーを志して中部日本放送(2000年当時)に入社したものの、入社2年目で挫折したことを明かした。石井は、2軍戦の実況練習をした時、試合前の情景描写にこだわりすぎ、プレイボールに間に合わず、「第一球、投げてました」と過去形実況になってしまった。その失敗により、3年目からは情報番組をやることになり、スポーツ実況を離れたという。MCの阿川佐和子が「(実況を)やりたいですか?」と尋ねると、石井は「今はもう、できません。野球の実況というのは縦社会の職人芸。18年離れている人間がやるなら、18年訓練してからというくらい、恐れ多いです」とスポーツ実況を諦めているとした。[3]

その他[編集]

両親が家業を継ぐことを望んでいたため、危険物取扱者の資格を取得している。ちなみに、実家のガソリンスタンドは、一時他の業種に従事していた1歳年上の兄が、後に実父から経営権を継承。2015年10月に実父を亡くしてからも営業を続けている。

静岡放送(SBS)アナウンサーの牧野克彦とは同志社大学在学時代からの友人にあたり、石井の実家(ガソリンスタンドを経営)には牧野も行った経験がある。2018年4月2日から静岡放送でも新潟放送(BSN)とともに『ゴゴスマ』の同時ネットを正式に開始しているため、牧野はネットを開始した年の放送日で同局の放送対象地域である静岡県内から中継で登場し、スタジオの石井との共演が実現されている[9]

現在、妻と娘2人の4人生活。犬も一匹飼っている。

現在の担当番組[編集]

テレビ番組[編集]

  • ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜CBCテレビ) - MC(総合司会)
    • (CBCを含む)TBS系列の基幹5局では最も遅く、地元局の毎日放送(MBS)で2021年3月15日から同時ネットを開始することが発表された際には、「関西で『ゴゴスマ』放送スタートの一報を聞いた瞬間、(毎日放送を通じて)ふるさと(東大阪市の実家のテレビ)に映る喜びから、ブワ~っと涙があふれた」とのコメントを寄せている[10]

過去の担当・出演番組[編集]

中部日本放送・CBCテレビのアナウンサー時代[編集]

CBCテレビからの退社・フリーアナウンサーへの転身(2020年4月)以降にも出演した番組を含む。

テレビ番組[編集]

自社で制作(CBCテレビ制作)している番組
全国ネット向けを含む番組

ラジオ番組[編集]

フリーアナウンサーへの転身後[編集]

転身後に初めて出演した番組のみ記載。

テレビ番組[編集]

毎日放送での『ゴゴスマ』ネット開始のPRを兼ねて出演した番組[編集]

ラジオ番組[編集]

出演映画[編集]

  • WOOD JOB !〜神去なあなあ日常〜(2014年公開、東宝) - 祭りのシーンに系列各局アナウンサーとともにふんどし姿で出演。
  • 祈りの幕が下りる時(2018年公開、東宝) - TBS・CBC・毎日放送が共同で製作に出資している関係で、福島暢啓と共にエキストラとして出演。ちなみに、2018年12月に開かれた自身初のトークライブには、福島も特別に参加している。

著書[編集]

  • こんにちは、ゴゴスマの石井です(2018年8月20日初版刊行、ワニブックス、ISBN 978-4847097072)

脚注[編集]

トリビア・雑学[編集]

  1. ^ 同期のアナウンサーは青木まな(現在はCBCテレビ報道局記者)。
  2. ^ トリビア - 地元局の毎日放送(MBSテレビ)では『ゴゴスマ』の時間帯に『ちちんぷいぷい』を編成してきたが、2017年度以降はアナウンサーの福島暢啓がパーソナリティを務めるラジオ番組(ナイターオフ期間限定の生ワイド番組『次は〜新福島!』シリーズなど)にゲスト扱いで定期的に出演。同志社大学在籍中の1999年10月から21年半にわたって放送されてきた『ちちんぷいぷい』の終了(2021年3月12日)と『ゴゴスマ』の同時ネット開始(同月15日)を機に、関西地方での知名度も上がることが見込まれている。
  3. ^ トリビア - CBCの地元・東海地方では、フジテレビ系列の東海テレビで、8月24日未明(23日深夜)に遅れネット形式で放送。

出典など[編集]

  1. ^ 「実家で油(ガソリン)を売り、名古屋で油を売る」というつかみの持ちネタがある(『たまり場』での発言)。
  2. ^ 毎日放送は河田直也松川浩子(いずれも『ちちんぷいぷい』最後のレギュラーアナウンサー)、朝日放送は清水貴之加藤明子(現在は加藤のみ朝日放送テレビアナウンサー)を採用。河田とはCBCへの入社後も親しく交流していて、毎日放送における『ゴゴスマ』同時ネットの開始に際しては、『よんチャンTV』(2021年3月29日から同番組の後枠で放送)のメインパーソナリティとして両番組のコラボレーション企画(告知CMや他番組)へ一緒に参加している。両番組を告知する毎日放送限定のテレビCMには、関西地方では知名度の低い石井を「河田とは(大学生時代から)20年来の友人」と紹介していて、2人が映っている就職活動中の集合写真も使われている。
  3. ^ a b ゴゴスマ石井アナ 野球実況挫折の真相 「肝心の第一球を言い逃す痛恨ミス」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online (2021年3月13日). 2021年3月13日閲覧。
  4. ^ JMEのプロフィール上は、2000年の時点でCBCテレビ入社、と表記されている。
  5. ^ ますだおかだの増田英彦が金曜日にレギュラー、岡田圭右が火曜日に準レギュラーで出演。友近も、火曜日のレギュラーを務めている。
  6. ^ "「ゴゴスマ」石井亮次アナが退社独立、CBCに感謝". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 February 2020. 2020年2月7日閲覧
  7. ^ [1]
  8. ^ "ゴゴスマ石井亮次アナ:フリー転身で夢は大きく「あの国民的番組の司会」 勤続20年も新型コロナで送別会は自粛". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 30 March 2020. 2020年12月9日閲覧
  9. ^ [2]
  10. ^ 「ゴゴスマ」ついに3・15から関西地区でも放送スタート!地元・石井亮次アナ涙「ふるさとに映る喜び」(『スポーツニッポン2021年1月20日付記事)
  11. ^ ゴゴスマ石井亮次アナ:「下町ロケット」にまた出演へ 本業・司会者役もNG連発で「これが最後のドラマ」?(『毎日新聞』2018年11月30日付記事)
  12. ^ CBCアナウンサーズページ・石井亮次公式ブログ2017年12月22日付記事「今週末はぜひ!!」
  13. ^ ゴゴスマ石井亮次アナ:長谷川博己主演の新春SPドラマに出演 “一瞬”の出演も一発OKならず「恐縮でした…」(『毎日新聞』2017年12月30日付記事)
  14. ^ CBCアナウンサーズブログ2018年6月15日付記事「6月17日(日)お昼にぜひ!」
  15. ^ “石井亮次アナ、日曜劇場に出演 主演・福山雅治は『ゴゴスマ』毎日登場へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2133520/full/ 2019年4月22日閲覧。 
  16. ^ 安住紳一郎と古舘伊知郎氏が「平成最後の日」をしゃべり倒す!?平成から令和へ一夜限りのスペシャル生トーク スポーツ報知 2019年4月16日
  17. ^ CBCアナウンサーズブログ2019年7月15日付記事「モニタリング!!」
  18. ^ 友近も、初代のアシスタントとして、2008年4月から2010年4月までレギュラーで出演。
  19. ^ 石井亮次アナ、田中裕二の代役で爆問ラジオ出演 太田光のボケにも対応「伊勢谷ちがう」(『スポーツニッポン2020年9月13日付記事)
  20. ^ フリーとなった石井亮次が、サンドウィッチマンとタッグ「地方で培った勘を中央で!」(『フジテレビュー!!』2020年7月31日付記事)
  21. ^ 元CBC石井アナ「関テレは憧れ。就職試験は書類で落ちた」 故郷・大阪の番組に感激(『デイリースポーツ2020年12月5日付記事)