石井俊也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井 俊也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イシイ トシヤ
ラテン文字 ISHII Toshiya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-01-19) 1978年1月19日(40歳)
出身地 静岡県藤枝市
身長 173cm
体重 63kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2002
2003-2004
2005-2008
2009
2010-2013
浦和レッズ
ベガルタ仙台
京都サンガF.C.
ロアッソ熊本
藤枝MYFC
141 (2)
42 (0)
71 (1)
43 (3)
26 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2011.04.21現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

石井 俊也(いしい としや、1978年1月19日 - )、静岡県出身の元サッカー選手。ポジションはMF

経歴[編集]

もともとはサイドハーフだったが、1998年に守備的MFとしてレギュラーに定着、オリンピック代表候補として、一時期は稲本潤一よりポジションを奪っていた。一方、チームでは鈴木啓太の台頭でポジションを失い、2002シーズン後仙台へ移籍。

2005年より京都に移籍する。移籍当初は不遇の時を過ごしていたが、2006年後半からレギュラーの座を奪取。2007年は開幕から4試合は出番はなかったが、5試合目からシーズン終了まで全試合に出場し続けた。そして、昇格を賭けた大一番となった2007年11月25日のベガルタ仙台戦でロスタイムにヘディングシュートを決め、1-0で勝利。この試合で、J2の3位以内を確定させた。しかし2008年J1昇格後は、シジクレイ佐藤勇人らの加入や若手選手の台頭により出場機会を失い、同シーズンにて契約満了となった。

2009年よりJ2に昇格したロアッソ熊本に移籍する。中盤のアンカーのポジションにて43試合に出場するも、5年以内のJ1昇格を見据えた若返りを図るチームの意向および厳しい財政難も重なり、同シーズンにて戦力外通告を受けた。

2010年シーズンは、故郷である静岡県藤枝市からJリーグ参入を目指す藤枝MYFCに入団。2013年退団。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 浦和 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 26 0 0 0 0 2 0 2 0
1998 21 32 1 4 0 2 0 38 1
1999 J1 30 0 2 0 1 0 33 0
2000 5 J2 39 0 2 0 4 0 45 0
2001 6 J1 30 0 6 0 0 0 36 0
2002 10 1 7 0 1 0 18 1
2003 仙台 15 26 0 6 0 0 0 32 0
2004 6 J2 16 0 - 0 0 16 0
2005 京都 17 11 0 - 1 0 12 0
2006 J1 16 0 2 0 1 0 19 0
2007 J2 44 1 - 0 0 44 1
2008 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2009 熊本 18 J2 43 3 - 0 0 43 3
2010 藤枝 7 東海1部 15 1 - - 15 1
2011 11 0 - - 11 0
2012 JFL 28 1 - - 28 1
2013 29 0 - 2 0 31 0
通算 日本 J1 144 2 28 0 7 0 179 2
日本 J2 153 4 2 0 5 0 158 4
日本 JFL 57 1 - 2 0 59 1
日本 東海1部 26 1 - - 26 1
総通算 380 8 30 0 14 0 422 8

その他の公式戦


代表歴[編集]

関連項目[編集]