石井幸孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いしいよしたか
石井幸孝
生誕 (1932-10-12) 1932年10月12日(86歳)
日本の旗 日本広島県呉市
国籍 日本の旗 日本
市民権 日本の旗 日本
出身校 東京都立新宿高等学校
東京大学工学部機械工学科

石井 幸孝(いしい よしたか、1932年10月12日 - )は、鉄道技術者実業家九州旅客鉄道(JR九州)初代社長。広島県呉市出身。

経歴[編集]

東京都立新宿高等学校東京大学工学部機械工学科卒業。1955年日本国有鉄道(国鉄)に入社。蒸気機関車の補修を皮切りに、油まみれの工場勤務からスタート。1959年、本社臨時車両設計事務所でディーゼル車両の担当技師として車両設計・開発を担当。キハ81系はつかり』、キハ82系、キハ58系DD51形DE10形などディーゼル車両開発最盛期の仕事に携わった[1]。ディーゼル特急『はつかり』を東北本線に導入した当時は故障に泣かされ、毎晩徹夜で修理作業に当たったという。

機械畑出身だがその後、総裁室調査役、広島鉄道管理局長などの管理職としても能力を発揮。1982年工作局長、1985年車両局長、常務理事・首都圏本部長となり、国鉄分割・民営化後の東日本での作業計画を手掛け国鉄改革に携わった。また北陸新幹線整備などにも関わる[2]1986年九州総局長となり1987年、民営化で発足した九州旅客鉄道株式会社(JR九州)初代代表取締役社長に就任。

早速、"部内本位からお客様本位"、"系統本位から会社本位"、"予算本位から収支本位"など「国鉄流10の反省」を提唱。自らも営業能力の高さを発揮し精力的なトップセールスを行い多角化を推進した。デザイン戦略を経営戦略として位置付け、水戸岡鋭治デザイナーに起用し787系電車つばめ』、883系電車ソニック』、885系電車かもめ』、九州新幹線800系電車『つばめ』など多くの斬新なデザインの特急車両を世に出し、他の交通機関との激しい競争で当初厳しい経営を予想されたJR九州の業績アップの原動力とした[3]。これらの車両はブルーリボン賞ブルネル賞など国内外の多くの賞を受賞した。

また、九州新幹線の整備、博多 - 釜山間国際航路『ビートル』の開設や熊本駅鹿児島中央駅由布院駅などの整備や駅舎改装、博多駅コンコースの大改装、『あそBOY』などの観光列車を次々と走らせるなど、鉄道を通じて九州各地のまちづくりやインフラ整備、および九州観光に大きな業績を残し国鉄行政改革をJR九州で実践した[4]

1997年会長に就任[5]2002年退任したが、この間九州ニュービジネス協議会会長、九州21世紀委員会会長、九州・山口経済連合会副会長、在福岡ニュージーランド名誉領事、福岡県日韓親善協会会長、福岡県サッカー協会会長など多くの要職に携わった。また、1988年オリエント・エクスプレス '88日本運行にも携わった。会長退任後、福岡市長選に立候補を予定していたが、体調を崩し断念した。

数々の国鉄車両に関する書籍物を執筆・発行した実績もあり、自身も鉄道ファンである。

年表[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

著書・参考文献[編集]

  • 蒸気機関車 / 自著 中央公論社 1976年
  • 入門鉄道車両 / 自著 交友社 1971年
  • キハ58物語 / 自著JTBキャンブックス
  • キハ82物語 / 自著 JTBキャンブックス
  • DD51物語 / 自著 JTBキャンブックス
  • 九州特急物語 / 自著 JTBキャンブックス
  • 自治体DNA革命 / 共著 東洋経済新報社
  • 栄光の超特急〈つばめ〉物語 / 増田浩三著 JTBパブリッシング 2004年
  • 鉄道ジャーナル 昭和58年10月号 / 鉄道ジャーナル社
先代:
-
九州旅客鉄道社長
初代:1987年 - 1997年
次代:
田中浩二