石井徳久次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 徳久次(いしい とくじ、1887年明治20年)6月11日[1] - 1970年昭和45年)10月24日[1][2])は、日本の実業家農業協同運動指導者[1]政治家衆議院議員

経歴[編集]

福岡県鞍手郡金生村(のち鞍手郡若宮町、現:宮若市大字金生)で、醸造家「富久鶴」石井房次の長男として生まれる[1][3]1908年大阪高等工業学校醸造科を卒業後に家業を継承[1][2][3]

シベリア出兵陸軍輜重兵少尉として従軍[2]。その後、若宮村会議員、福岡県会議員、同参事会員、郡教育会長、同育英会長などを務めた[1][2]。また、農業協同運動にも尽力し、福岡県信用組合連合会長、帝国農会議員、福岡県農会長、福岡県購買販売組合連合会長などを歴任した[1][2]

1936年2月、第19回衆議院議員総選挙に福岡県第二区から立憲政友会所属で出馬して当選[2]第20回総選挙でも再選され、その後翼賛議員同盟に所属し、衆議院議員を二期務めた[2]

実業界では、鞍手軌道社長、鞍手銀行取締役、共福無尽取締役、石井産業取締役会長(家業)、西日本種苗社長、同会長などを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『福岡県百科事典』上巻、101頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』57頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、イ133頁。

参考文献[編集]

  • 『福岡県百科事典』上巻、西日本新聞社、1982年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。