石井忠躬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
石井 忠躬
時代 江戸時代末期
生誕 天保8年(1837年
死没 明治16年(1883年
別名 鍋島総若、石井総之助、石井靭負、石井久馬
墓所 佐賀県佐賀市本庄町鹿子の常照院
幕府 江戸幕府
主君 鍋島直与鍋島直紀
肥前国蓮池藩
氏族 肥前石井氏鍋島氏
父母 父:鍋島直与、母:側室 犬塚左馬五郎女
養父:石井清慎 
兄弟 鍋島直紀忠躬、藤珍彦(鍋島紀方)
石井清慎の娘
石井忠世、武富縫子(武富時敏夫人)
養子:石井作一、養女:石井サヨ(養子・作一夫人)

石井 忠躬(いしい ただみ、天保8年(1837年) - 明治16年(1883年)は、幕末肥前国佐賀藩の支藩・蓮池藩家老(執政)。旧名は鍋島総若。通称は、総之助、久馬、靭負。

来歴[編集]

蓮池藩の第8代藩主・鍋島直与の四男として生まれた。母は直与の側室・犬塚左馬五郎の娘。佐賀藩の第8代藩主・鍋島治茂は祖父、第10代藩主・鍋島直正は従兄にあたる。祖父、父、そして従兄はいずれも名君として知られている。

10歳のとき、蓮池藩の世襲家老・石井玄蕃清慎の養子となる。石井家は、佐賀藩祖・鍋島直茂の正室で、初代藩主・鍋島勝茂の生母である陽泰院彦鶴姫の実家で、「藩祖以来の外戚家門」として殊遇を享けた一族。養父・玄蕃清慎は、初代藩主・勝茂の従兄石井修理亮茂成の9代目にあたる。

養家の第10代当主として家督と家禄(900石)を継ぎ、若くして藩の執政に就任し、兄で第9代藩主・鍋島直紀の藩政を補佐した。

激動の幕末期にあって、江戸に遊学し、中央の情勢にも通じていた他、内政においても、藩財政の窮乏と藩士の士気低下を憂慮し、みずからの資産の一部を処分し、困窮していた藩士に分配するなど、若いながらも大器を持った青年家老であった。皆が「さすがは名君の血筋、治茂公の孫であり、直与公の子である」と忠躬を讃えた。

戊辰戦争では、蓮池藩は朝廷の命令に応じ、総勢545名の遠征隊を編成し、奥羽地方に出兵する。忠躬は兄・直紀の陣代として、隊の指揮を執った。

蓮池隊は、出羽国酒田城下に駐屯し、治安維持の任務についたが、隊の規律の良さは、忠躬の素晴らしい統率によるものと高く評価された。

また、撤兵に際しては、横浜港からイギリス商船を利用して帰国の途についたが、途中に寄港した神戸港において、藩兵とイギリス船員との間で紛争が発生する。国際問題になる懸念があったが、忠躬が毅然とした対応をとり、事態を収拾。藩士たちの人望を集めたという。

明治維新を迎え、蓮池藩の大参事に就任し、維新期の藩政を采配するも、中央政府の各藩への人材の刷新など藩政改革の要求が強まり、いわゆる「門閥」階層にあった忠躬は大参事を辞任。陸軍大尉に任ぜられ、藩の軍事・警察当局の責任者に転任した。しかし、朝廷長崎巡見使の護衛のために出動した際、忠躬の独断で、西洋式の兵制を用いて、藩兵に脱刀を命じていたことが問題視され、罷免処分となった。

晩年は、義弟・鍋島直彬沖縄県令に就任すると、直彬に従って沖縄に赴任した。久米島宮古島の役場長として離島経営に従事した。

明治16年(1883年)に死去。享年46。墓所は石井家の菩提寺である佐賀県佐賀市常照院

嫡男は教育者の石井忠世。娘の縫子は、大隈重信内閣内閣書記官長逓信大臣大蔵大臣衆議院貴族院議員を歴任した武富時敏に嫁いだ。孫の武富敏彦外交官となり外務省通商局長・駐オランダ公使・駐トルコ大使をつとめ、常設国際司法裁判所安達峰一郎の娘婿として知られている。その他、孫婿に横尾紋太郎陸軍中佐、養孫に石井利雄海軍中尉がいる。

参考文献[編集]