石井明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

石井 明(いしい あきら、1945年1月3日[1] - )は日本国際政治学者東京大学名誉教授。専門は、東アジアの国際関係(日中関係・中ソ関係史)。

来歴[編集]

千葉県生まれ。千葉県立安房高等学校卒、1967年東京大学教養学部国際関係論卒、1970年同大学院社会学研究科博士課程中途退学。東京大学教養学部助手、講師、助教授、1990年教授、1996年総合文化研究科教授、2005年定年退官、名誉教授。

1991年、『中ソ関係史の研究』で大平正芳記念賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

  • 高木誠一郎)『中国の政治と国際関係(国際関係論のフロンティア1巻)』(東京大学出版会, 1984年)
  • 木村汎)『中央アジアの行方――米ロ中の綱引き』(勉誠出版, 2003年)
  • 朱建栄添谷芳秀・林暁光)『日中国交正常化・日中平和友好条約締結交渉――記録と考証』(岩波書店, 2003年)

[編集]

  1. ^ 『駒場1991』