石井省一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井省一郎

石井 省一郎(いしい しょういちろう、1842年2月8日天保12年12月28日) - 1930年昭和5年)10月20日)は、幕末小倉藩士明治期の内務官僚政治家。官選県知事貴族院勅選議員錦鶏間祗候[1]

経歴[編集]

豊前国企救郡(現・福岡県北九州市)において小倉藩士の家に生まれる。第二次長州征討において長州藩との停戦に尽力した。

明治2年1869年)、明治政府に出仕し民部官書記となる。以後、民部兼大蔵大録、監督大佑、庶務大佑、土木権正、土木権頭、内務権大書記官などを歴任し、1877年、初代の内務省土木局長に就任。「土木の石井」と称された[2]。その後、西南戦争時に熊本県権令心得として務めた。

1884年2月に岩手県令に就任。以後、岩手県知事、茨城県知事を歴任。1896年1月16日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3]1897年12月、貴族院勅選議員に任じられ、同和会に属し死去するまで在任した。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 故正四位勲二等石井省一郎叙勲ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10113074000 
  2. ^ 参考文献『新編日本の歴代知事』120頁。
  3. ^ 『官報』第3763号、明治29年1月17日。
  4. ^ 『官報』第2584号「叙任及辞令」1892年2月15日。
  5. ^ 『官報』第555号「賞勲叙任」1885年5月11日。
  6. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

関連項目[編集]