石井秋穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井 秋穂
生誕 1900年11月1日
日本の旗 日本 山口県 豊浦郡
死没 (1996-08-29) 1996年8月29日(95歳没)
日本の旗 日本 神奈川県
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1922 - 1945
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

石井 秋穂(いしい あきほ、1900年(明治33年)11月2日 - 1996年(平成8年)8月25日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐

第16師団参謀北支那方面軍参謀などを経て、陸軍省軍務局高級課員となり、日米開戦前の政策立案などにあたる。陸軍きっての理性派として避戦を望んだが、日米交渉の失敗で戦争政策を進めることになる。

経歴[編集]

1900年(明治33年)、山口県豊浦郡豊西村で石井友三郎の五男として生まれる。広島陸軍地方幼年学校中央幼年学校本科を経て、1922年(大正11年)7月、陸軍士官学校34期)を秩父宮を除き4番の成績で卒業。なお石井は、陸幼と陸士卒業時の2度に亘り恩賜の銀時計を拝受している。

1922年10月、陸軍歩兵少尉に任官し歩兵第42連隊附となる。

1927年(昭和2年)、吉川キヨ子と結婚。陸士生徒隊附などを経て、1932年(昭和7年)11月、陸軍大学校(44期)を卒業。翌月、歩兵第42連隊中隊長に就任。

1933年(昭和8年)12月、第16師団参謀となり、留守第16師団司令部附、参謀本部員を歴任。

1936年(昭和11年)の二・二六事件後には陸軍軍法会議の裁判官を務めた。後年、北一輝への尋問の様子や、軍法会議長官(陸軍大臣)寺内寿一から判決について圧力があったことなどを証言している[1]

1937年(昭和12年)8月、陸軍歩兵少佐に昇進し支那駐屯軍参謀となり日中戦争支那事変)に出征。北支那方面軍参謀(情報参謀)を経て、1939年(昭和14年)3月、陸軍歩兵中佐に進級。同年8月、陸軍省軍務局軍務課員に就任した。太平洋戦争大東亜戦争)開戦直前には、日米交渉の陸軍省側主務者として、武藤章軍務局長の下、早期開戦を唱える統帥部側の横槍を排しつつ交渉妥結に尽力した。

1941年(昭和16年)10月、陸軍大佐に昇進。翌月、南方軍参謀に発令され、同月27日に日本を出発。皮肉にもその日は、ワシントンでいわゆるハル・ノートが手交された日でもあった。その後、病気のため帰国、1943年(昭和18年)1月に陸大附となり1945年(昭和20年)8月まで入院、補職は陸大教官第二次世界大戦終戦を迎える。同年12月、予備役編入。

戦後は故郷の山口で晴耕雨読の静かな生活を貫いた。石井の残した日記や回想録[2]、証言[3]は、開戦当時の国策決定の内側を知る上で貴重な記録となっている。

1996年(平成8年)8月25日に逝去。95歳没。

多くの国策の立案者[編集]

開戦直前の軍務課高級課員時代の石井は、陸軍側の担当者として多くの国策の起案をしている。その当時のことを、石井は後年以下のように振り返っている。

わしらはね、こんなばか者だけどね、わしらは真っ先に、第一弾をやれば、それは大切な国策になるんですな。 そして大分修正を食うこともありますけど、まあそのくらい重要なものでした。 それみんな死んだ。生きとるのはわしだけになった。 そういう国策をね、一番余計書いたのはわしでしょう。やっぱりわしが第一人者でしょう。罪は深いですよ。[4]

また、石井が開戦を決意した理由を次のように述べている。

資産凍結を受けてね、それから、約1週間ばかりに考え通したですよ。どうしようかと・・・。夜も昼もうちにおっても役所に出ても、そればっかりを考えた。そして、もう一滴の油も来なくなりました。それを確認した上でね、それで、わしは戦争を決意した。もうこれは戦争よりほかはないと戦争を初めて決意した。[4]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]NHK特集「二・二六事件 消された真実」
  2. ^ その多くは、防衛省防衛研究所図書館に所蔵されている。
  3. ^ 様々な書籍や番組に取材協力している。なかでも、NHKスペシャル『御前会議』(1991年8月15日放映)では、石井の証言映像が番組の主軸になっている。
  4. ^ a b NHKスペシャル『御前会議』(1991年8月15日放映)より

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。ISBN 4130301357
  • 保阪正康著『陸軍省軍務局と日米開戦』、中公文庫、1989年。ISBN 4122016258
  • 保阪正康著『昭和史 忘れ得ぬ証言者たち』、講談社文庫、2004年。ISBN 4062749424
  • 保阪正康著『陸軍良識派の研究』、光人社NF文庫、2005年。ISBN 4769824505