石井純二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いしい じゅんじ
石井 純二
生誕 (1951-05-25) 1951年5月25日(68歳)
北海道芦別市
出身校 弘前大学人文学部経済学科
職業 銀行家

石井 純二(いしい じゅんじ、1951年昭和26年)5月25日 - )は、日本実業家銀行家北洋銀行取締役会長北海道貿易物産振興会会長、北海道旅客鉄道の社外監査役を務める。札幌北洋ホールディングスの最後の代表取締役社長。元第二地方銀行協会会長。

来歴、人物[編集]

北海道芦別市出身。札幌市立新琴似小学校札幌市立新琴似中学校北海道札幌北高等学校[1]弘前大学人文学部経済学科卒業[2]1975年北海道拓殖銀行に入行し、1998年に北洋銀行の業務推進部管理役に就任する。経営管理部や法人推進部、大通支店長を経て、2004年には親会社であった札幌北洋ホールディングスと北洋銀行の取締役に就任した。

2012年横内龍三の後任として札幌北洋ホールディングス社長および北洋銀行頭取になる[3]。同年に札幌北洋ホールディングスを逆さ合併により、北洋銀行への吸収合併を行う。

また2015年には栃木銀行菊池康雄の後任として第二地方銀行協会会長に就任し[4]2017年まで務めた[5]

2018年に北洋銀行頭取を小中高の後輩でもある安田光春に譲り、代表を降りて取締役会長となる。のち、北海道貿易物産振興会会長[6]

経歴[編集]

  • 1975(昭和50)年
    • 4月:北海道拓殖銀行入行
  • 1998平成10)年
    • 11月:北洋銀行業務推進部管理役
  • 1999(平成11)年
    • 4月:同経営管理部企画第二課長
  • 2003(平成15)年
    • 5月:同法人推進部長
  • 2004(平成16)年
    • 4月:同大通支店長
    • 6月:札幌北洋ホールディングス取締役
    • 6月:北洋銀行取締役大通支店長
  • 2005(平成17)年
    • 4月:同取締役業務企画部長
  • 2006(平成18)年
    • 4月:常務取締役業務企画部長
    • 6月:常務取締役
  • 2009(平成21)年
    • 6月:常務取締役営業推進統括部長
  • 2010(平成22)年
    • 6月:札幌北洋ホールディングス代表取締役副社長
    • 6月:北洋銀行取締役副頭取
  • 2011(平成23)年
    • 6月:同代表取締役副頭取
  • 2012(平成24)年
    • 4月:札幌北洋ホールディングス代表取締役社長
    • 4月:北洋銀行代表取締役頭取
    • 10月:札幌北洋ホールディングス、北洋銀行に吸収合併
  • 2015(平成27)年
    • 6月:北海道旅客鉄道監査役(現任)
    • 6月:第二地方銀行協会会長
  • 2017(平成29)年
    • 6月:第二地方銀行協会会長退任。
  • 2018(平成30)年
    • 6月:北洋銀行取締役会長(現任)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポスト100年の新創業に向け石井前頭取から託された“刷新”
  2. ^ 札幌北洋HD、社長に石井氏 日銀出身者以外は41年ぶり”. 日本経済新聞 (2016年5月11日). 2019年5月11日閲覧。
  3. ^ 札幌北洋グループの代表取締役および役員の異動について (PDF)”. 北洋銀行 (2012年1月24日). 2019年5月18日閲覧。
  4. ^ 第二地銀協会次期会長に北洋銀の石井氏”. 日本経済新聞 (2014年5月11日). 2019年5月18日閲覧。
  5. ^ 第二地銀協会会長に栃木銀の黒本頭取”. 日本経済新聞 (2016年12月15日). 2019年5月18日閲覧。
  6. ^ 北海道貿易物産振興会の概要北海道貿易物産振興会

参考資料[編集]

ビジネス
先代:
横内龍三
北洋銀行頭取
第4代:2012年 - 2018年
次代:
安田光春
先代:
横内龍三
札幌北洋ホールディングス社長
第3代:2012年
次代:
(吸収合併)
先代:
菊池康雄
第二地方銀行協会会長
2015年 -2017年
次代:
黒本淳之介