石井耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石井 耕(いしい こう、1951年 - )は、日本の経営学者エコノミスト北海学園大学名誉教授。元三菱総合研究所研究員。研究分野は、経営者論、日本企業論、経営戦略論。博士北海道大学、1997年)。東京都出身。父親は筑摩書房の編集者であった石井立(1923-64)。

エピソード[編集]

コンサドーレ札幌で活躍した山瀬功治の後援者としても知られ、学内に後援会を組織した。

略歴[編集]

  • 1975年3月 北海道大学経済学部卒業
  • 1975年4月 三菱総合研究所入所 産業経済部主任研究員など歴任
  • 1992年8月 三菱総合研究所退職 北海道教育大学函館分校助教授(総合科学課程 1993年4月 函館校に改称)
  • 1994年8月 セントメリーズ大学客員教授(1995年4月まで)
  • 1998年4月 北海学園大学経済学部教授(大学院経済学研究科兼務)
  • 2000年4月 北海学園大学大学院経営学研究科教授
  • 2003年4月 北海学園大学経営学部教授
  • 2004年4月 北海学園大学就職部長
  • 2018年3月 北海学園大学定年退職
  • 2018年4月 北海学園大学名誉教授 同大学院経済研究科非常勤講師

その他の役職[編集]

日本経営学会理事、北海学園大学山瀬功治教職員後援会代表、札幌市総合交通対策調査審議会起草委員会委員、北海道建設部建設業ステップアップ支援検討委員会委員長、札幌商工会議所インターンシップ推進協議会理事

著書[編集]

  • 『現代日本企業の経営者』文眞堂、1996年
  • 『新しい世紀と企業経営の変革』千倉書房、2000年(共著)
  • 『企業行動論』八千代出版、2004年初版・2013年第3版
  • 『日本の企業システム』有斐閣、2006年(共著)