石倉小三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石倉小三郎

石倉 小三郎(いしくら こさぶろう、1881年6月15日 - 1965年10月30日)は、日本の音楽家、ドイツ文学者。

東京出身。1898年東京府尋常中学校(現・東京都立日比谷高等学校)卒。東京帝国大学卒。東京音楽学校講師、第四高等学校(金沢)教授、第八高等学校(名古屋)教授、第七高等学校(鹿児島)教授を歴任ののち、高知高等学校校長、大阪高等学校校長、大阪理工科大学予科長。1953年相愛女子短期大学教授。ロベルト・シューマンの「流浪の民」の訳詞で知られる。

学生時代の1903(明治36)年には、東京音楽学校での日本人最初のオペラ(クリストフ・ヴィリバルト・グルック作曲「オルフェオとエウリディーチェ」)での訳詞を、乙骨三郎近藤朔風などと共に担当し、ケーベルのピアノ、ノエル・ペリーの指揮、実業家の渡部朔(出演者の一人、渡部康三の兄)の資金援助による上演の成功に尽力した。

著書[編集]

  • 西洋音楽史 帝国百科全書 博文館 1905
  • フアウスト解説 堀書店 1948
  • 歌劇カルメン解説 堀書店 1948
  • グスターフ・マーラー 音楽之友社 1952(音楽文庫)
  • ゲーテと音楽 音楽之友社 1952(音楽文庫)
  • 音楽学概説 音楽之友社 1954(音楽文庫)

翻訳[編集]

公職
先代:
西川順之
日本の旗 高知高等学校長
1932年 - 1938年
次代:
長岡寛統