石原保徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 保徳(いしはら やすのり、1935年 - 2011年)は、歴史学者。

岡山市生まれ。1961年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。高島善哉の指導を受けた。大学院修了後、出版社岩波書店編集者として勤務。95年定年退職[1]和光大学非常勤講師を務めた。コンキスタドールによるアメリカ大陸の征服をもっぱら研究している。1992年に前立腺がんの摘出手術を受けて以降も、闘病生活が続き、2011年死去。

著書[編集]

  • インディアスの発見 ラス・カサスを読む』田畑書店 1980
  • 『世界史への道 ヨーロッパ的世界史像再考』丸善ライブラリー 1999
  • 『大航海者たちの世紀』評論社 2005
  • 『世界史再考 歴史家ラス・カサスとの対話』2011
共著
  • 『シリーズ世界周航記 別巻 新しい世界への旅立ち』原田範行共著 岩波書店 2006

翻訳[編集]

  • バルトロメー・デ・ラス・カサス『インディアス破壊を弾劾する簡略なる陳述』現代企画室 インディアス群書 1987
  • ラス・カサス『インディアス史』全7冊 長南実訳 石原編 岩波文庫 2009

[編集]

  1. ^ 『大航海者たちの世紀』著者紹介