石原慶幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石原 慶幸
広島東洋カープ #31
Ishihara(carp)31.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県大垣市
生年月日 (1979-09-07) 1979年9月7日(39歳)
身長
体重
177 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2001年 ドラフト4巡目
初出場 2002年10月5日
年俸 9,000万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2009年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2009 野球

石原 慶幸(いしはら よしゆき、1979年9月7日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手捕手)。岐阜県安八郡墨俣町(現・大垣市)出身。2010年からカープの選手会長に就任した。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岐阜県立岐阜商業高等学校では、2年夏に第78回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦でPL学園とあたって敗退。3年夏にも第79回全国高等学校野球選手権大会に出場し、甲子園自身初安打も放ったが、1回戦で敗退した。高校通算57本塁打を記録している[2]。高校の2年後輩は、カープで後にバッテリーを組む事になる青木高広がいる。

その後、東北福祉大に入学。吉見祐治洗平竜也木谷寿巳とバッテリーを組む。後に同僚となる大須賀允は同期。大学3年時に大学日本代表・シドニーオリンピック野球日本代表候補に選出された。2001年のドラフト4巡目指名で広島東洋カープに入団する。

プロ入り後[編集]

2002年は10月以降の消化試合で5試合の出場にとどまったが、初出場の対ヤクルトスワローズ戦で、この年最優秀中継ぎ投手賞を受賞した石井弘寿から初安打を放った。

2003年はシーズン中から一軍出場機会が増え、2年目ながら116試合に出場。肩・打撃の衰えを隠せない西山秀二の正捕手の座を脅かし、前年活躍した木村一喜をも抜き去る存在となった。打率は2割前後を推移したが、シーズン通算4本塁打のうち、2本が満塁、2ラン・3ランが1本ずつと良い場面での本塁打が多かった。強肩で知られる谷繁元信を超える盗塁阻止率も残した。

2004年は8番捕手でプロ入り初の開幕スタメンの座を掴むと、不振に終わった前年より安定感を増した打撃が評価され、37歳となった西山から正捕手の座を勝ち取った。シーズン終了までほぼ全試合に出場した。自身初の規定打席に到達し、135試合出場、打率.288、6本塁打はすべて自己最高の成績であった。

2005年はオープン戦でファウルを打った際に左手有鈎骨を骨折し、春先は出場できなかった。5月末に復帰後はスタメン捕手として起用されたが、打撃で足踏み状態が続き、目立った活躍は8月2日の対巨人戦でサヨナラ打を打った程度であった。守備でも8月9日の対ヤクルト戦で、振り逃げのリック・ガトームソンに気を取られ、三塁走者アダム・リグスに背を向けて一塁に緩慢な送球を行っている間に、俊足のリグスにホームインを許すなど精彩を欠いた。結局8月中旬以降は、自身の故障中に起用されていた倉義和に再び正捕手の座を奪われた。

2006年は倉と併用される形で捕手を務めた。この年は倉も打率.239と不振であったが、石原も開幕直後こそ打撃好調であったが、5月から急ブレーキで打率.221に終わった。得点圏打率は1割を下回るなど、結果を残すことが出来なかった。特に満塁では6打数4併殺打の無安打と勝負弱さが目立った。また5月31日の対西武戦でスクイズプレイを敢行するもピッチアウトされ、ジャンプしたもののバットにボールが当たらず失敗に終わっている。8月12日の対巨人戦では、前年に続きサヨナラ打を放っているが、信頼を掴むには至らなかった。9月7日の対横浜戦において、10回裏2死満塁打者佐伯貴弘の4球目に、31年ぶりとなるサヨナラ打撃妨害を犯した。この日は本人の誕生日で、レフトスタンドからも第一打席でハッピーバースデーの歌で祝福されただけに、何とも味の悪い誕生日になった。石原は「永川に申し訳ない。どうのこうの言えない」と肩を落とした。ブラウン監督は「あんなプレーは初めて見た。あってはならない。また明日!また明日!」と気持ちを切り替えていた。

2007年は前年に続き倉と併用される形が続き、スタメン機会はほぼ半々だった。5月8日の対中日戦では中継ぎ投手の負担軽減のため、ブルペンで投球練習を行ったこともあった。登板はなかったが、今後も同様な場面があった場合の登板を示唆されている。5月26日、対ソフトバンク戦の同点の八回に、顔付近に来た球にのけぞって尻もちをつきながらも、三塁方向にスクイズ成功。チームの交流戦初勝利に貢献した。このスクイズを含め5月から6月までは打撃好調で、2004年に次ぐ打率.281の好成績を残した。しかし今度は倉も8月以降打撃が上向いて打率.274を記録し、8月にはスタメン捕手の座を譲ることも多かった。10月1日、対中日戦の8回裏1死3塁の場面、初球からスクイズを敢行するがピッチアウトされ、前年の対西武戦で外された時よりも更に大きくジャンプしたものの惜しくも届かず失敗に終わった。

2008年2004年以来となる開幕スタメンの座を掴むと、倉の打撃不振もあり、出場機会を増やし4年ぶりの100試合出場、規定打席到達となった。打撃でも勝負強さを見せ、日によっては6番を任される試合もあった。本塁打と打点は自身最高の数字を残した。

2009年2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。第一次の東京ラウンドでは出場機会はなかったが、サンディエゴでの第二次ラウンド韓国戦で初出場を果たした。登録メンバーの中でただ一人打席に立つ機会がなかった野手である。帰国後、チームに合流するとキャプテンに任命される。

シーズンでは、新本拠地であるマツダスタジアム開催の恩恵もあり、マツダオールスターゲームに初めてファン投票で選出された。しかし、シーズンでは開幕から打率2割にも満たない極度の打撃不振に陥る。ライバルである倉も打撃不振だったためにレギュラー固定され続けたが、調子は一向に上がらず、一時は1982年の山倉和博以来となる「規定打席到達での1割打者」となる可能性も取り沙汰されていた。8月29日横浜戦で2打席連続本塁打、1試合5打点と意地の活躍を見せた[3]。最終的に打率は.206とぎりぎりで2割台に乗せたが、シーズン後半は倉や若手の會澤翼と併用されて途中出場や途中交代が増え、前年より1試合多い124試合に出場しながら、規定打席には届かずに終わった。なお本塁打は自身初となる二桁の10本を放ち、サヨナラ本塁打を打つなど低打率の割に意外性のある活躍も見せた。広島の捕手でシーズン二桁本塁打を打ったのは1976年水沼四郎(11本)以来33年ぶりである。

2010年は開幕して暫くは打撃が不調だったが、徐々に調子を上げて行き最終的には他の捕手との併用や腰痛もあって前年とあまり変わらない出場機会に終わるものの2年ぶりに打率が2割5分を越えるなど終始不調だった前年よりも打撃面が改善された。また前田健太と共に最優秀バッテリー賞を受賞した。8月5日に国内他球団への移籍が可能なFA権を取得。去就が注目されていたが、11月15日にFA権を行使せずに3年契約を結んで残留することを発表した。年俸は1億円[4]

2011年5月14日の巨人戦ではレビ・ロメロから死球を受け、押し出しという形でチームの逆転サヨナラ勝利に貢献し、お立ち台に立った[5]5月21日オリックス戦で今季初本塁打を放ち、チームの交流戦初勝利に貢献した[6]8月22日には海外FA権を取得した[7]

2012年7月17日の中日戦で岩瀬仁紀からセ・リーグでは18年ぶりとなるサヨナラスクイズを決め、チームの5連勝に貢献した[8]が、7月26日のヤクルト戦で右太もも裏を痛め出場選手登録から外れる[9]など2度の故障により、出場試合は77試合にとどまった。シーズン後、元タレントの八幡えつこと結婚。

2013年は3年ぶりに120試合以上出場を果たした。打率.248、長打率.339はキャリア平均であったが、四死球は自己最多の55個を選び出塁率はキャリアハイの.350をマークした。Aクラスを争う勝負所の9月17日阪神戦で久保康友から自身4度目となるサヨナラ本塁打を放ちチームを4年ぶりの7連勝に導く[10]など、チームの16年ぶりのAクラス入りに大きく貢献した。この年で3年契約が終了したが、11月11日にFA権を行使せず残留する意向を発表。球団と3年総額3億円(推定)の契約を結んだ。[11][12]

2014年は開幕当初は正捕手を務めていたが、前半戦の打率が.141という極度の打撃不振に陥り、肩の故障もあり6月末に登録抹消。その間に正捕手の座を會澤に奪われ、1軍復帰後も出場機会は大きく減少した。會澤が負傷離脱したシーズン終盤には再び正捕手を務めたものの、80試合の出場で打率は.192とキャリアで初めて2割を切った。

守備に就く石原(2017/10/20マツダスタジアム)

2015年は開幕スタメンを會澤に譲ったが、2戦目にK.ジョンソンとバッテリーを組み史上45人目(初登板での達成は史上初)の準完全試合を記録した[13]。その後もK.ジョンソンが登板する試合は全て正捕手を務め、シーズン終盤にはレギュラーに復帰した。また、新井貴浩の復帰が決まった際には歓迎会を開くなど生え抜きベテランとしてチームを支えた[14]

2016年は開幕戦に8番捕手でスタメン出場を果たし、その後もK.ジョンソン、黒田博樹野村祐輔が登板する試合を中心に正捕手を務めた。8月2日のヤクルト戦ではウラディミール・バレンティンが空振りをした際にバットを頭部に受け、脳振とう、後頭部打撲と診断され登録抹消となった。しかし、脳震盪特例措置が適用されたため10日を待たず9日に再登録され、復帰戦で安打を放った[15]。打撃は前半戦を終えた時点で打率.147と不振が続いたが、後半戦は打率.299とほぼ3割を記録するなど復調して下位打線を支えた。最終的には106試合に出場し、3年振りに出場試合が100を上回った。また、広島の優勝に貢献したことが評価され、セリーグ最年長の37歳にして、初のゴールデングラブ賞[16] 、ベストナインを獲得し、また、自身三度目となる最優秀バッテリー賞も野村祐輔と共に受賞した。2016年の日本シリーズではノーヒットに終わり日本一を逃した。

2017年は2年連続で開幕スタメン出場を果たした。序盤戦は會澤と併用される形で起用され、4月13日の対巨人戦で2シーズンぶりの本塁打を放つ[17]など打撃好調だった。しかし後半戦は打率.109と不振に陥ったことで會澤が正捕手の座に就き、シーズン終盤は磯村嘉孝にもスタメンマスクを譲る機会が増えたことにより、77試合の出場にとどまった。7月12日の対DeNA戦で史上189人目となる通算1500試合出場を達成[18]

選手としての特徴[編集]

WBCメンバー選出の際には伊東勤から「12球団トップクラス」と評されたほどの高いキャッチング技術を持つ[19]藤井彰人は「最強の捕手」と評し、「投げる、捕る、止める。ずっと石原が一番うまいと思ってきましたよ」と述べている[20]

阪神甲子園球場にて

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 広島 5 10 10 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .300 .300 .300 .600
2003 116 338 305 19 65 14 2 4 95 21 0 1 10 0 17 7 6 78 6 .213 .268 .311 .580
2004 135 435 396 32 114 22 0 6 154 35 0 1 9 1 21 7 8 70 6 .288 .336 .389 .725
2005 74 194 174 13 42 6 0 2 54 12 0 0 3 2 11 1 4 29 6 .241 .298 .310 .609
2006 85 267 240 17 53 9 0 3 71 11 2 0 6 2 15 2 4 43 6 .221 .276 .296 .572
2007 89 284 256 24 72 12 0 3 93 15 2 2 6 0 16 1 6 47 9 .281 .338 .363 .701
2008 123 457 422 36 112 19 0 9 158 50 6 6 10 2 22 0 1 80 7 .265 .302 .374 .676
2009 124 422 364 31 75 15 1 10 122 37 2 3 11 4 39 4 4 90 11 .206 .287 .335 .622
2010 122 408 369 33 97 19 0 8 140 41 4 4 6 1 29 5 3 81 10 .263 .321 .379 .700
2011 110 342 299 15 60 10 0 4 82 27 2 2 14 3 22 3 4 49 7 .201 .262 .274 .536
2012 77 250 217 22 52 15 0 1 70 22 0 1 9 1 22 5 1 37 7 .240 .311 .323 .634
2013 121 398 327 32 81 9 0 7 111 35 0 2 15 3 45 2 8 76 12 .248 .350 .339 .689
2014 80 223 193 17 37 8 0 4 57 19 1 2 8 0 21 1 1 43 6 .192 .274 .295 .570
2015 83 238 216 15 52 6 0 2 64 12 1 0 8 0 14 2 0 42 10 .241 .287 .296 .583
2016 106 289 243 19 49 7 0 0 56 17 4 1 12 1 29 5 4 54 8 .202 .296 .230 .526
2017 77 167 147 11 30 4 0 1 37 12 1 0 8 2 10 0 0 33 8 .204 .252 .252 .503
NPB:16年 1527 4722 4178 337 994 175 3 64 1367 366 25 25 135 22 333 45 54 853 120 .238 .301 .327 .628
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]





























2002 4 27 3 1 0 0 .968 - 2 1 1 .500 -
2003 115 686 48 7 11 8 .991 6 69 47 22 .319 4
2004 135 975 57 5 15 3 .995 3 81 55 26 .321 4
2005 71 412 35 3 8 6 .993 - 28 16 12 .429 -
2006 84 483 32 6 5 3 .988 6 49 37 12 .245 7
2007 86 442 43 2 4 3 .992 6 57 40 17 .298 4
2008 121 763 72 6 11 3 .993 5 94 65 29 .309 6
2009 124 773 62 7 9 3 .992 5 77 54 23 .299 5
2010 118 696 52 4 8 4 .995 3 70 50 20 .286 5
2011 106 698 55 6 1 5 .999 2 65 47 18 .277 4
2012 77 471 26 5 2 2 .990 7 37 29 8 .216 7
2013 121 727 48 3 12 2 .995 3 80 60 20 .333 3
2014 79 431 27 4 2 2 .991 6 35 28 7 .200 7
2015 83 490 41 7 8 2 .987 4 54 37 17 .315 3
2016 106 549 31 1 4 3 .998 1 36 24 12 .333 2
2017 76 338 18 1 2 1 .997 3 25 19 6 .240 6
通算 1506 8961 650 68 102 50 .993 - 859 609 250 .291 -
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他記録

背番号[編集]

  • 31(2002年 - )
    • 29(2009年WBC

登場曲[編集]

  • FUNKY MONKEY BABYS 「悲しみなんて笑い飛ばせ」 (2012~2013途中)
  • PSY 「江南スタイル」 (2013途中~)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月17日閲覧。
  2. ^ 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、22頁。ISBN 4-408-61577-3。
  3. ^ “石原大暴れ!意地の2発5打点”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年8月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/08/30/kiji/K20090830Z00002090.html 2013年5月9日閲覧。 
  4. ^ “日本人選手、総額1億5000万円増”. 中国新聞 (中国新聞社). (2010年12月22日). オリジナル2010年12月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101224023432/http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw201012220064.html 
  5. ^ “ラッキー石原 サヨナラ死球「僕でいいのか迷っていますが」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/14/kiji/K20110514000818890.html 2013年5月11日閲覧。 
  6. ^ “石原 値千金の1号ソロ!広島交流戦初勝利”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年5月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/21/kiji/K20110521000864540.html 2013年5月9日閲覧。 
  7. ^ 石原海外FA権取得「何もないですよ」 - ウェイバックマシン(2012年1月7日アーカイブ分) - デイリースポーツ(2011年8月22日)
  8. ^ “広島 セ18年ぶりサヨナラスクイズ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年7月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120718-985211.html 
  9. ^ “【広島】石原が登録外れる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年7月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120727-990320.html 
  10. ^ “【広島】石原サヨナラ弾に興奮”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年9月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130917-1190878.html 
  11. ^ “石原残留決断「カープで今季以上の成績を残したい」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/11/kiji/K20131111006989910.html 
  12. ^ “広島・石原、FA権行使せず残留を発表”. サンケイスポーツ. (2013年11月11日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131111/car13111110560001-n1.html 
  13. ^ “ジョンソン史上初!初登板準完全 日本人祖母に持つメジャー0勝腕”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/29/kiji/K20150329010073640.html 
  14. ^ “広島新井、盟友石原のため、チームのための300号”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年8月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1688548.html 
  15. ^ “石原、復帰戦で存在感 4投手を巧みにリード”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2016年8月10日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/08/10/0009371561.shtml 
  16. ^ “カープ ベストナインに5人”. NHK NEWS WEB (NHK). (2016年11月25日). http://www3.nhk.or.jp/hiroshimanews/20161125/4689871.html 
  17. ^ 広島石原2年ぶり本塁打「全員で何とかしようと」 日刊スポーツ(2017年4月13日).2018年1月20日閲覧。
  18. ^ 広島石原慶幸が通算1500試合、史上189人目 日刊スポーツ(2017年7月12日).2018年1月20日閲覧。
  19. ^ 広島・石原「代表入り前進」WBC伊東コーチが絶賛 - スポーツニッポン(2009年2月6日)
  20. ^ 最強の捕手 - デイリースポーツ、2017.2.24
  21. ^ 石原が1500試合出場 球団13人目、プロ野球189人目”. デイリースポーツ (2017年7月12日). 2017年7月12日閲覧。

関連項目[編集]