石原発言捏造テロップ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

石原発言捏造テロップ事件(いしはらはつげんねつぞうテロップじけん)は、2003年平成15年)11月2日に放映されたTBSテレビ報道情報番組サンデーモーニング』で、石原慎太郎東京都知事韓国併合に関する発言を正反対の意味に改変された上で報道された事件である[1][2]

事件の経過[編集]

問題となった放送[編集]

2003年(平成15年)10月28日、石原は東京国際フォーラムで開催された「救う会東京」の集会で基調講演を行った際、「私は日韓合併を100%正当化するつもりはない」「彼らの感情からすれば、そりゃやっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう。しかし、どちらかといえば彼らの先祖の責任であってね」と発言した[3][4]

ところが、『サンデーモーニング』2003年(平成15年)11月2日の放送で、この発言を「『日韓併合を正当化』石原都知事がまた問題発言」と見出しを付け、石原発言の音声編集の際に「私は日韓併合を100%正当化するつもりぁ・・・」と最後の部分を聞き取りづらくし(石原都知事原発言『「私は日韓併合を100%正当化するつもりゃ無いがね・・・』)、その上で「私は日韓併合の歴史を100%正当化するつもりだ」と、全く正反対のテロップを付けて報じた[1]。その後、朝鮮総聯幹部の抗議のコメントを伝え、更に東京都の定例会見で石原の「あまり騒ぎにならなかったな、残念ながら。世間ではやっぱり良識がなってるよ」との発言でVTRが終了した[5]

辺真一は、「何を言いたいのかわからないですね。過去の問題については韓国よりもむしろ日本の政治家の方がしつこいなって感じしますね。今年でこの某政治家の創氏改名発言は4回目でしょ? もう私からしますとね、過去を蒸し返すのはもうやめにしましょうと、こう言いたいですね」と発言した[6]

続いて岸井成格は、「ちょうどこの発言の翌日知事とお会いする機会あってね、いろいろな話しましたけどね。やっぱり、確信犯的ですよね、石原さんこの問題についてはずーっと。ある種戦後日本が教育で歪められて過去のことについていろいろ謝罪して、それを歴史を正しく見ないっていう、いわゆる新しい教科書的な発想。そういう国民世論を変えたいっていう気持ちがものすごいあるんでしょうね。だけどそれが事実かどうかってことが最大の問題なんですから、こういう発言をするたびにね、いろんな問題がぎくしゃくしておかしくなるわけですよね」と発言し、辺と岸井は石原を批判した[6]

11月5日、『ジャスト』で訂正放送[編集]

TBSは11月5日午後の情報番組ジャスト』で、アナウンサー安住紳一郎が「取材テープの当該発言部分の語尾が聞きづらかったため、番組スタッフが誤解してしまいました」と、2日のサンデーモーニングの放送での誤りを認め、訂正放送を行った。また、「石原都知事をはじめ、視聴者の皆さま、関係者の皆さまにご迷惑をかけたことをおわび申し上げます」との謝罪文をTBS公式ウェブサイトに掲載した[7][8]

11月9日の釈明放送[編集]

翌週の11月9日『サンデーモーニング』で関口宏は「テロップミス」を認めたが、「音声を故意に絞ったり、加工したりした事実はない」と主張し、「全くの初歩的なミスで、石原都知事はじめ視聴者の皆様、関係者の皆様にご迷惑かけたことを深くお詫びいたします」と謝罪した。一方、捏造編集に基づいた都知事批判に対する謝罪はなかった[9]

刑事・民事訴訟[編集]

2004年(平成16年)2月9日、石原は警視庁名誉棄損刑事告訴し、受理された。同年12月14日、番組制作にかかわったプロデューサーら4人が東京地方検察庁書類送検されたが、その後刑事処分は不起訴となった[9][10]

続いて石原は、TBSを相手に8000万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたが、2006年(平成18年)6月22日東京地方裁判所和解が成立。TBSが石原に和解金を支払った[9]

石原の実際の発言[編集]

私たちは決して武力で侵犯したんじゃない、これは、むしろ朝鮮半島の国々が分裂してきてまとまらないから結局彼らの総意で、ロシアを選ぶか支那を選ぶか日本にするかということで、近代化の著しい同じ顔色をした日本人のですね、要するに手助けを得ようということで、世界中の国が合意した中で、合併が行われた。

アメリカフィリピンや、スペインがフィリピンを獲得しました。オランダインドネシアや、フランスドイツもそれぞれアジアに植民地を構えた。(それらとは)全然違う形で日韓の合併が行われたんだ。それをもってね、私は日韓合併を100パーセント正当化するつもりはない。彼らの感情からすれば、そりゃ、やっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう。しかし、どちらかといえばこれは彼らの先祖の責任であってね。

しかも、このごろ、日本人を評価するべきであるとの日本の植民地政策についての正当な評価を書いた本も、向こうでは発禁ですけど、日本では発行されました。しかも、アメリカの大学の教授は、植民地主義を考えるなら、君らの受けた植民地主義は最も秩序があり、最も人間的だったということを相対的に悟るべきだと言っている[11]

— 救う会東京での石原都知事(当時)の基調講演(抜粋、一部略)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b TBS「サンデーモーニング」の捏造報道について”. 2005年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月3日閲覧。
  2. ^ “石原知事、TBS報道は「捏造」 「日韓合併」発言問題”. 朝日新聞. オリジナルの2003年11月18日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20031118222326/http://www.asahi.com/culture/update/1111/005.html 2020年12月4日閲覧。 
  3. ^ 桜井誠 2007, pp. 20–21.
  4. ^ “【北朝鮮拉致事件】発火物事件は「同情引くためとのうわさ」 石原知事発言”. 朝日新聞. (2003年10月29日). オリジナルの2003年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031205075144/http://www.asahi.com/special/abductees/TKY200310280421.html 
  5. ^ 桜井誠 2007, p. 23.
  6. ^ a b 桜井誠 2007, pp. 21–23.
  7. ^ “石原発言でTBSが字幕ミス 2日放送の情報番組で”. 産経新聞. (2003年11月6日). オリジナルの2003年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031107055821/http://www.sankei.co.jp/news/031106/1106bun006.htm 
  8. ^ “TBS 都知事の日韓併合発言で謝罪”. スポニチアネックス. (2003年11月6日). オリジナルの2003年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031108035137/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/11/06/03.html 
  9. ^ a b c 桜井誠 2007, p. 26.
  10. ^ “石原知事の告訴状を警視庁受理 TBS誤報問題”. 朝日新聞. (2004年2月9日). オリジナルの2004年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040209183048/http://www.asahi.com/national/update/0209/027.html 
  11. ^ 桜井誠 2007, p. 21.

参考文献[編集]

  • 桜井誠「前代未聞のメディアテロはなぜ起こったのか? 石原都知事の失脚を狙った「捏造テロップ事件」」『TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!』晋遊舎〈晋遊舎MOOK〉、2007年2月1日、20-27頁。ISBN 9784883805914。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]