石原真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石原 真(いしはら しん、1957年 - )は、NHKエンタープライズ所属のエグゼクティブ・プロデューサーで、ベーシストギタリスト

プロフィール[編集]

岡山県立岡山大安寺高等学校を経て法政大学卒業後、1981年入局。1990年から音楽番組教育番組の企画・制作を担当。その後福岡局で地域番組の制作にかかわり、2005年7月の異動で再び東京本部勤務となった。

38歳の時から伸ばしてきた長髪とサングラスがトレードマークだったが、異動直後第56回NHK紅白歌合戦でプロデューサーとして参加した際、「視聴率50%を超えなかったら頭髪を丸刈りにする」と公言した。結果は第1部35.4%、第2部42.9%と昨年よりは上昇したが、50%を超えなかったので丸刈り頭となった。

バンド架空楽団のメンバーであり、ベース[1]ギターを担当している。

AKB48グループの大ファンとして知られ、各グループの劇場公演も頻繁に観覧、現場でメンバーと実際に会って話をし、全グループのメンバーを網羅している。自ら手がける番組にAKB48を重用しており、「今夜は最高!」のようなワンマンショーをAKB48だけでやってみたいというコンセプトで「AKB48 SHOW!」を立ち上げた[2]。そのほか、AKB48のドキュメンタリー映画についても、元々石原が岩井俊二と話してテレビ番組としてスタートし、後に映画化したという経緯がある[3]。2013年には、6月8日に日産スタジアムで開催された「AKB48スーパーフェスティバル〜日産スタジアム、小(ち)っちぇっ!小(ち)っちゃくないし!」のためにスタッフ、正規メンバーともにスケジュールが一杯であることを理由に、AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康から、直前の6月5日に日本武道館で開催された「AKB48グループ研究生 武道館公演 『推しメン早い者勝ち』」イベントを任された[3]

また、AKB48グループのメンバーが東日本大震災被災地の定期訪問を行っている「誰かのために」プロジェクトにおいて隊長を務め、訪問地で開催するミニライブのセットリストや台本は全て石原が書いている。なお石原も含め同被災地訪問に関わるスタッフは全員ボランティアである[3]

2015年公開のSKE48のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』、2016年公開のAKB48のドキュメンタリー映画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』では監督を務めている[4]

手掛けた主な番組[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊プレイボーイ』増刊「AKB48×週刊プレイボーイ2014」2014年12月10日号「石原真 この男は一体何をしているのか?」P101 集英社
  2. ^ 週刊プレイボーイ』増刊「AKB48×週刊プレイボーイ2014」2014年12月10日号「石原真 この男は一体何をしているのか?」P102 集英社
  3. ^ a b c 週刊プレイボーイ』増刊「AKB48×週刊プレイボーイ2014」2014年12月10日号「石原真 この男は一体何をしているのか?」P103 集英社
  4. ^ a b SKE48『リクアワ』でドキュメンタリー予告編上映 小木曽汐莉「プロポーズをしてもらって」”. サイゾー (2015年1月22日). 2015年4月2日閲覧。

関連項目[編集]