石坂修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石坂 修一(いしざか しゅういち、1895年9月14日 - 1969年11月10日[要出典])は最高裁判所判事富山県出身[要出典]

略歴[編集]

東京帝国大学卒業[要出典]

旧裁判制度下では大審院判事を務め、新制度下では東京高裁判事、仙台、広島、名古屋、大阪高裁長官を歴任[1]

大阪高裁長官時代に、職員がカバンを持とうとすると「職員には他にする仕事がある」と断った[1]

広島高裁長官時代に、松川事件で一審有罪の控訴審を受けての仙台高裁の鈴木禎次郎裁判長に、知人として激励書簡を送ったため[1]、裁判官の独立絡みで物議をかもした。

1958年6月に最高裁判事に就任[1]。前述の激励書簡で松川事件については回避の申立てをし、受理された[1]1965年9月に定年退官[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 野村二郎、34-35頁。

参考書籍[編集]

  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)