石垣ゆうき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石垣 ゆうき(いしがき ゆうき、1965年11月26日 - )は、日本の漫画家。本名、石垣 雄規三重県四日市市出身。大阪芸術大学出身[1]。 趣味はフルスクラッチビルドフィギュア造り。猫を飼っている[2]

一般には、『週刊少年マガジン』に1990年から1999年まで不定期連載された『MMR マガジンミステリー調査班』の作画担当として有名。すっきりした絵柄ながら写実的な画も描き、ギャンブル、オカルト、探偵物など幅広い分野の作品を手がける。

代表作には先述の『MMR』の他、文庫版も発売されたギャンブル漫画『100万$キッド』などがある。

経歴[編集]

作品一覧[編集]

漫画[編集]

ドラマ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MANGA姉っくす! Vol.22【ゲスト:克・亜樹先生】 - 2014/10/15 20:00開始 - ニコニコ生放送
  2. ^ 伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編) (3/3) - ねとらぼ
  3. ^ a b 読切版「100万$キッド」は石垣ゆうきの単独作品。同作の連載作品化が決まってから、編集部が漫画原作者の宮崎まさるに声を掛け、宮崎が「原案協力」として参加するようになった。宮崎は毎週3本の原案を提出し、そのうちの1本が採用されていた。(『100万$キッド』講談社漫画文庫版 第1巻[講談社、2001年]巻末エッセイ 宮崎まさる「100万$の苦悩の日々」参照)