石垣一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石垣 一夫
Kazuo Ishigaki 1955 Scan10045.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県 新宮市
生年月日 1931年8月4日
没年月日 (2004-07-23) 2004年7月23日(72歳没)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1952年
初出場 1953年3月28日
最終出場 1960年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
石垣一夫
いしがき かずお
所属政党公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
自由党→)
公明党

選挙区 大阪10区
当選回数 1回
在任期間 1996年10月21日 - 2000年6月2日

選挙区 高槻市・三島郡選挙区
当選回数 5回
在任期間 1975年4月23日 - 1995年4月22日
テンプレートを表示

石垣 一夫(いしがき かずお、1931年8月4日 - 2004年7月23日)は、和歌山県新宮市出身のプロ野球選手、コーチ、政治家

経歴[編集]

和歌山県立新宮高等学校から、常磐炭鉱に入社し、1952年都市対抗野球に出場。社会人時代は一度も盗塁をされたことが無いといわれたほどの強肩捕手だった。同年、阪神タイガースに入団。翌1953年3月の日米野球第5戦でスタメン出場。

1年目から、57試合に出場し、1956年はレギュラーになった。しかし、翌年には山本哲也にスタメンを奪われてしまう。1958年オフに南海ホークスに移籍。1960年に現役を引退し、翌年から同チームの二軍コーチを務める。1964年オフに退団。

強肩で、足も速かったが、打撃がそれほど良くなく、完全にレギュラーになれなかった。

その後、政治家に転進し、1971年公明党から、高槻市市議会議員に当選し1974年まで務める。1975年からは大阪府議会議員に当選し、1995年まで5期20年務め、1986年には副議長にも就任した。1996年第41回衆議院議員総選挙大阪10区から、新進党公認で立候補し、初当選。しかし、2000年第42回衆議院議員総選挙には公明党から立候補するものの社民党辻元清美に敗れ、落選した。

落選後は政界を引退し、2004年7月23日心不全のため高槻市内の病院にて死去した[1]

妻は元タカラジェンヌ。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1953 阪神 57 78 66 13 18 1 0 0 19 6 2 0 3 -- 7 -- 2 10 2 .273 .360 .288 .648
1954 77 148 142 11 34 6 0 1 43 11 5 4 2 0 2 -- 2 22 3 .239 .260 .303 .563
1955 50 88 83 8 23 4 1 0 29 8 4 1 0 1 3 0 1 16 2 .277 .310 .349 .660
1956 103 258 248 22 51 9 2 5 79 18 5 3 0 0 7 1 3 25 3 .206 .236 .319 .555
1957 72 178 165 12 38 7 2 1 52 14 4 2 1 2 8 0 2 22 7 .230 .274 .315 .589
1958 36 47 43 2 5 2 0 0 7 3 0 0 1 1 2 0 0 10 1 .116 .156 .163 .318
1959 南海 33 40 38 5 6 5 0 0 11 2 0 0 0 0 1 0 1 8 0 .158 .200 .289 .489
1960 20 38 36 3 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 2 0 0 6 2 .139 .184 .139 .323
通算:8年 448 875 821 76 180 34 5 7 245 63 20 10 7 4 32 1 11 119 20 .219 .258 .298 .557

背番号[編集]

  • 29 (1953年 - 1958年)
  • 23 (1959年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 石垣一夫氏死去 元公明党衆院議員”. 共同通信 (2004年7月23日). 2013年5月24日閲覧。

関連項目[編集]