石垣雅海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石垣 雅海
中日ドラゴンズ #32
Ishigaki-masami32.jpg
2018年4月14日 マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県酒田市
生年月日 (1998-09-21) 1998年9月21日(21歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手三塁手
プロ入り 2016年 ドラフト3位
初出場 2017年10月4日
年俸 660万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石垣 雅海(いしがき まさみ、1998年9月21日 - )は、山形県酒田市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から野球を始める。

酒田南高等学校では、1年から三塁手のレギュラーに定着。3年夏の山形県大会準決勝で敗退し、甲子園出場はなかったが、3試合で4本塁打を記録した[2]。高校通算37本塁打[3]

2016年ドラフト会議では中日ドラゴンズから3位指名を受け、11月22日に年俸540万円で仮契約を結んだ[4]

中日時代[編集]

2017年、二軍公式戦において60試合に出場し、3本塁打、14打点、打率.197の成績を残す[5]。9月30日に初めて一軍登録され、10月4日に横浜スタジアムで行われた対横浜DeNAベイスターズ戦で初出場[3]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[6]

2018年はるか夢球場で開催されたフレッシュオールスターゲームに出場し、MVPを獲得した[7]。しかし一軍出場なしに終わった。

2019年、6月の「スカパー! ファーム月間MVP賞」を受賞した[8]。8月21日対読売ジャイアンツ戦で7回裏に代打として出場し、菅野智之からプロ初安打を放った[9]。9月5日の対巨人戦で中川皓太からプロ初打点を挙げた[10]。オフにみやざきフェニックス・リーグに参加した[11]

選手としての特徴[編集]

高校通算37本塁打で、遠投100メートル、50メートル5.9秒の三拍子そろっている和製大砲候補[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 中日 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2019 15 15 15 1 2 2 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .133 .133 .267 .400
NPB:2年 16 18 18 1 2 2 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 10 0 .111 .111 .222 .333
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



三塁 外野
























2017 中日 1 0 2 0 0 1.000 -
2019 - 1 0 0 0 0 .---
通算 1 0 2 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .---
  • 2019年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 32 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]