石城国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石城国造(いわきのくにのみやつこ、いわきこくぞう)は、石城国(後の律令国陸奥国南部)を支配した国造である。

概要[編集]

祖先[編集]

本拠[編集]

支配領域[編集]

国造の支配領域は当時石城国と呼ばれていた地域で、後の陸奥国石城郡現在の福島県浜通りのうち、いわき市北半分から大熊町にかけての地域にあたる。

7世紀中葉には、道奥菊多国造(南隣)や高国造と合併して、多珂国を形成した。石城国造の領土について、北限は、『常陸国風土記』に記されている「陸奥国石城郡の苦麻の村」、即ち明治以後の大熊となっている。

氏神[編集]

  • 大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
    磐城郡国魂郷(現在の福島県いわき市菅波字宮前26)に鎮座する。

[編集]

  • 甲塚古墳(かぶとづかこふん)
    大國魂神社の東方200mに所在し、建許侶命を葬ったと伝えられる高さ8m・直径37mの円墳(国の史跡)。

子孫[編集]

関連項目[編集]