石埼 (敷設艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
艦歴
計画 マル4計画
起工 1941年3月10日
進水 1941年8月13日
就役 1942年2月28日竣工
その後 終戦時大湊で残存
除籍 1945年11月30日
性能諸元
排水量 基準:720トン、公試:750トン
全長 74.70m
全幅 7.85m
吃水 2.60m
機関 マン式三号ディーゼル2基2軸
3,600馬力
速力 20.0kt
航続距離 14ktで2,000
燃料 重油:35トン
乗員 67名
兵装 8cm高角砲1基
13mm連装機銃1基2挺
爆雷36個、捕獲網8組
(もしくは九三式機雷120個)

石埼(いしざき)は、日本海軍敷設艇平島型敷設艇の3番艇。

艦歴[編集]

1942年(昭和17年)2月28日、三菱横浜船渠にて竣工。

横須賀鎮守府籍、大湊防戦隊付属となる。同方面の哨戒、機雷敷設などに従事、8月キスカ島に防戦網設置。

その後も北方方面で船団護衛などに従事し大湊で終戦を迎えるとされるが事実ではなく。大湊空襲ではかろうじて難を逃れ、宗谷海峡の洋上で玉音放送を聞く。その後、樺太より引揚げる住民を輸送。

8月22日夕刻。留萌沖三船殉難事件現場に遭遇。泰東丸から投げ出された百余名を救助。

1945年(昭和20年)11月30日除籍。掃海艦として使用ののち1947年(昭和22年)10月1日青島へ回航し米国へ引き渡される。

艇長[編集]

艤装員長
  • 永末浅吉 予備中尉:1942年1月15日[1] -

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇Ⅱ』。光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0464-4
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』朝雲新聞社、1969年。