石塔頼茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

石塔 頼茂(いしどう よりしげ、生没年不詳)は、鎌倉時代中期の武将。石塔四郎と称す。

足利氏4代当主・足利泰氏の子とされるが、一説には足利義氏の子であり、泰氏の兄・宰相阿闍梨相義の子で、叔父・泰氏の養子となったとされる。長じて四郎頼茂と称し石塔氏の祖となった。子に足利直義の強力な与党となった奥州総大将義房がいる。また時宗の僧・国阿上人も頼茂の子であるとされる(『尊卑分脉』など)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今谷明・藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典〔上〕』(新人物往来社、1988年)