石塚雅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石塚 雅二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県石岡市泉町
生年月日 (1947-07-15) 1947年7月15日(71歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1971年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石塚 雅二(いしづか まさじ、1947年7月15日 - )は、茨城県[1]出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

日大三高では、1年生の時にエース若宮秀雄(日大電電関東)とバッテリーを組み1963年の秋季東京大会に優勝、翌1964年春の選抜への出場を決める。選抜では2回戦(初戦)で浪商に敗退している[2]。1年上のチームメートに若宮の他、遊撃手大橋穣がいた。1965年夏の甲子園都予選では同期のエース佐藤道郎を擁し決勝に進むが、日大二高の神山修投手に完封され0-2で惜敗、甲子園出場を逸する。

日本大学へ進学するが中退し、社会人野球三菱重工川崎へ入社する。

その後、1969年に中南米で新規に発足した国際的プロ野球リーグである「グローバルリーグ」の東京ドラゴンズに、森徹矢ノ浦国満らと共に参加するが、同リーグは財政問題で破綻し、解散を余儀なくされた[1]

帰国後は、ヤクルトアトムズのテスト生となり、1969年オフにドラフト外で入団。

しかし、ヤクルトで活躍の場は無く、1971年からロッテオリオンズへ移籍。同年は2試合に出場、10月には捕手として先発出場も果たした。ジュニアオールスターにも選出されている。1972年には、アメリカ1Aローダイに野球留学をする。1973年限りで現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 ロッテ 2 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .167 .167 .167 .333
通算:1年 2 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .167 .167 .167 .333

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1971 2 0 0 0 -
通算 2 0 0 0 -

背番号[編集]

  • 74 (1970年)
  • 37 (1971年 - 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、43ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]