石塚龍麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石塚 龍麿(いしづか たつまろ、明和元年(1764年) - 文政6年6月13日1823年7月20日))は、日本国学者

概要[編集]

江戸時代後期に活躍した国学者である。内山真龍、および、本居宣長の門下生であった。主に上代語の研究を行った。

来歴[編集]

遠江国敷知郡細田村(現在の静岡県浜松市西区協和町)の生まれ。主な著書に、『古言清濁考』『仮字用格奥能山路(かなづかいおくのやまみち)』『鈴屋大人都日記』などがある。

『仮字用格奥能山路』[註釈 1]では、上代の仮名に2種の書き分けがあることを示した。記紀や『万葉集』などの表記を精査し、いくつかの音節には表記上の区別があったことを明らかにした。この書は長らく正当に評価されなかったが、後に、橋本進吉によって上代特殊仮名遣いを指摘したものであることが明らかにされた。

なお、『仮字用格奥能山路』は写本しか伝来しておらず[1]活字化されたのは1929年に『日本古典全集』シリーズとして刊行された『仮字遣奥山路』が唯一の例であった[1][2][3]。同書は橋本進吉の写本に基づいており[1]正宗敦夫が編纂・校訂を手掛けた[2][3]。しかし、同書に対しては、本文の脱落、出典の異同、橋本の写本との漢字表記の差異といった、さまざまな問題点が指摘されている[1]。そのため、竹部歩美が、橋本の写本に基づいて改めて一から翻刻する作業を進めており[1][4][5][6]、完成すれば二例目の活字化となる見通しである。

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『仮字用格奥能山路』は、「仮名遣奥山路」「仮字遣奥山路」とも表記される。たとえば、正宗敦夫の編纂・校訂した書籍(石塚竜麿著、正宗敦夫編纂・校訂『仮字遣奥山路』上巻、日本古典全集刊行会、1929年)では「仮字遣奥山路」と表記しているが、竹部歩美の翻刻した論文(竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』上・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)」『新國學』復刊5号、國學院大學院友学術振興会、2013年)では「仮名遣奥山路」と表記している。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 菅野雅雄「院友学術振興会からの報告」『國學院大學院友會報』355号、國學院大學院友会、2014年1月1日、12頁。
  2. ^ a b 石塚竜麿著、正宗敦夫編纂・校訂『仮字遣奥山路』上巻、日本古典全集刊行会、1929年
  3. ^ a b 石塚竜麿著、正宗敦夫編纂・校訂『仮字遣奥山路』下巻、日本古典全集刊行会、1929年
  4. ^ 竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』上・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)」『新國學』復刊5号、國學院大學院友学術振興会、2013年
  5. ^ 竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』中・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)」『国際関係・比較文化研究』12巻2号、静岡県立大学国際関係学部2014年3月、25-44頁。
  6. ^ 竹部歩美翻刻「石塚龍麿『仮名遣奥山路』中・東大蔵橋本進吉写本(翻刻)その2」『国際関係・比較文化研究』13巻1号、静岡県立大学国際関係学部2014年9月、19-39頁。

関連人物[編集]