石川力山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 力山(いしかわ りきざん、1943年11月4日-1997年8月4日)は、日本仏教学者曹洞宗僧侶

宮城県加美郡中新田町(現、加美町)生まれ。古川高等学校卒業。駒澤大学大学院仏教学専攻博士課程修了。1982年日本印度学仏教学会賞受賞。駒澤大学仏教学部教授。53歳で在任中に死去。[1]

著書[編集]

  • 『禅宗相伝資料の研究』上下、法藏館 2001

共編著[編集]

  • 『日本名僧論集 第8巻 道元』河村孝道共編 吉川弘文館 1983
  • 『日本仏教宗史論集 第8巻 道元禅師と曹洞宗』河村孝道共編 吉川弘文館 1985
  • 『道元思想大系 21 思想篇 第15巻 道元思想の現代的課題』熊本英人共責任編集 同朋舎出版 1995
  • 『道元思想大系 20 思想篇 第14巻 道元の人間観』責任編集 同朋舎出版 1995
  • 『叢書禅と日本文化 禅とその歴史』廣瀬良弘共編 ぺりかん社 1999
  • 『禅宗小事典』編著 法藏館 1999

訳注[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 「駒沢大学元教授故石川力山先生略歴及び業績 (石川力山教授追悼号)」『駒沢大学仏教学部論集』1998-10