石川博行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石川 博行(いしかわ ひろゆき、1971年 - )は、日本の経営学者大阪市立大学大学院経営学研究科教授[1]

略歴[編集]

愛媛県生まれ[2]。1995年神戸大学経営学部会計学科卒、2000年同大学院博士課程修了、「連結会計情報が株価形成に及ぼす影響に関する実証研究」で経営学博士。2000年大阪市立大学講師、2001年助教授、2007年准教授を経て、2009年教授となる[3]。2007年『配当政策の実証分析』で日経・経済図書文化賞受賞。

著書[編集]

  • 『連結会計情報と株価形成』千倉書房 2000
  • 『配当政策の実証分析』中央経済社 2007
  • 『株価を動かす配当政策 コロボレーション効果の実証分析』中央経済社 2010

共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Agency, Japan Science and Technology. “石川 博行 - 研究者 - researchmap” (日本語). researchmap.jp. 2018年11月6日閲覧。
  2. ^ 『株価を動かす配当政策』著者紹介
  3. ^ 石川 博行 - 研究者”. researchmap. 2017年12月21日閲覧。