石川岩吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 岩吉
Kokugakuin University 008.jpg
國學院大學渋谷キャンパス内にある石川岩吉の胸像
生誕 1875年2月22日
日本の旗 広島県広島市
死没 1960年6月6日
職業 教育者

石川 岩吉(いしかわ いわきち、明治8年(1875年2月22日 - 昭和35年(1960年6月6日6月6日)は、日本教育者國學院大學名誉学長。

来歴[編集]

1875年(明治8年)広島県広島市出身。1886年(明治19年)に一家で東京の霞が関に移住。翌年、平河小学校(現・麹町小学校)初等一級に入るが、1887年(明治20年)、本郷区への一家転居に伴い、本郷小学校に転入し卒業[1]1888年(明治21年)に東京府尋常中学(現・都立日比谷高校)に入学。のち國學院大學本科に入学し、1895年(明治28年)に 第3期生として國學院大學を卒業した。

卒業後は3年間の兵役を経て1898年(明治31年)に、國學院で師事した湯本武比古が社長を務める開発社に入職し、雑誌『教育時論』の記者となった。1901年(明治34年)には湯本と共著で『日本倫理史稿』(開発社)を刊行、同年9月には湯本の後任として國學院講師となり「日本倫理」を講じた。

1909年(明治42年)に國學院大學主事兼皇典講究所幹事となる。1915年(大正4年)に皇子傅育官に任じられ、つづいて高松宮付別当、1936年昭和11年)には東宮傅育官、1945年(昭和20年)に依願により退官して宮内省御用掛。1946年(昭和21年)國學院大學の理事長兼学長に就任、1959年(昭和34年)に病によって学長を退いた後は名誉学長。

1960年(昭和35年)に85歳で死去、生前の功績により勲一等瑞宝章を追贈。百日祭に際して、國學院大學構内に胸像が建設されている。

著書に『日本倫理史要』などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 國學院雑誌 61巻 石川岩吉先生追悼号 1960年 昭和35年12月
学職
先代:
佐佐木行忠
國學院大學学長
1946年 - 1959年
次代:
佐佐木行忠