石川文康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石川 文康(いしかわ ふみやす、1946年 -2013年2月10日 )は、日本の哲学者北海道出身。イマヌエル・カントを研究。

来歴[編集]

同志社大学大学院博士課程修了後、ハイデルベルク大学ボン大学に留学、その後ミュンヘン大学、トリーア大学にて客員研究。東北学院大学助教授、教授。日本カント協会の役員も務めた。

学部生への教養科目講義では、「理性の理は理由の理」という分かりやすいフレーズを用い、カント哲学・理性という概念についての講義を行っている。無類の蕎麦好きは自他共に認めている。蕎麦に関する著書も多数ある。髪型はカントを意識しており、特徴ある容姿で人気を博した[要出典]

次男にはミュージシャンの石川晃次がいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『カント入門』ちくま新書、1995
  • 『そば打ちの哲学』ちくま新書、1996、ちくま文庫、2013
  • 『カント 第三の思考―法廷モデルと無限判断』名古屋大学出版会、1996
  • 『カントはこう考えた―人はなぜ「なぜ」と問うのか』筑摩書房、1998、ちくま学芸文庫、2009
  • 『良心論―その哲学的試み』名古屋大学出版会、2001
  • 『そば往生』筑摩書房、2002

共著・編著[編集]

訳書[編集]

関連[編集]

  • Katsutoshi Kawamura, "Zum Tod von Fumiyasu Ishikawa", Kant-Studien, Vol. 104, Issue 3, SS. 275–276, ISSN (Online) 1613-1134, ISSN (Print) 0022-8877, DOI: 10.1515/kant-2013-0019, September 2013.