石川日出鶴丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 日出鶴丸(いしかわ ひでつるまる、1878年10月5日 - 1947年11月8日)は、医師、医学博士。富山県射水郡小杉町(現射水市)出身。息子は同じ医学博士の石川太刀雄

略歴[編集]

  • 1878年清和源氏の流れを汲む石川乾(昌徹)の五男として誕生
  • 1903年:東京帝国大学医学部卒業
  • 1904年:京都帝国大学生理学教室天谷千松のもとで研究する。
  • 1905年:助教授となる。
  • 1908年:文部省留学生として4年間ゲッチンゲル大学の生理学者マックス・フェルボルン、ケンブリッジ大学生理学者シエリントン、ペテルブルク大学生理学パブロフの指導を受ける。
  • 1912年:京都帝国大学主任教授
  • 1944年:三重県立医学専門学校長に就任
  • 1947年:脳溢血で逝去。享年69。

業績[編集]

内臓体壁反射を提唱し、皮電計を開発したほか、GHQ鍼灸業禁止に反対する活動を行った。