石川村文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
石川 村文
時代 江戸時代
生誕 寛延13年6月8日1750年7月20日
死没 寛政12年7月28日1800年9月16日
別名 小膳、修理
墓所 長泉寺宮城県角田市
主君 伊達重村斉村周宗
仙台藩
氏族 角田石川家
父母 父:石川村俊、母:理代姫(伊達村緝の娘)
兄弟 源太郎、俊明、勇五郎、村文、純晴、通忠、伊達村常
正室:喜代姫(伊達村通の娘)
村任、文好、任敏、任亮、尚峰

石川 村文(いしかわ むらふみ)は、江戸時代伊達氏家臣。仙台藩の家格は一門筆頭。角田石川家第9代当主。

生涯[編集]

寛延3年(1750年)6月8日、角田石川家第8代当主・石川村俊の四男として生まれる。幼名は小膳宝暦8年(1758年)兄源太郎が早世したため、嗣子と定められる。

宝暦10年(1760年)10月15日、元服し、藩主伊達重村の偏諱を受け、修理村文と名乗る。後に大和左衛門と名乗った。宝暦12年(1762年)5月、父村俊の死去により、13歳で家督を相続し角田邑主となる。年齢が年齢のため、本藩より家政を監督する目付が付けられた。

寛政9年(1797年)遊興に耽り、財政が逼迫したため、不行跡を理由に隠居させられることとなり、家督を嫡男村任が相続。村文の実弟で、涌谷伊達氏当主伊達村常が家政を後見することとなる。

寛政12年(1800年)7月28日死去。享年51。

参考文献[編集]

  • 『源流無尽』
先代:
石川村俊
角田石川家
第9代
次代:
石川村任